CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
三谷結子サマーディナーコンサートに行きました。
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

     この日は伊勢でまた雑用やブログのまとめ更新などをやりつつ、夕方近鉄で三谷結子サマーディナーコンサートに行きました。実は昨日ですが、FBの中瀬あやさんのページでこの企画の満員札止めの案内を見たのです。この日伊勢にいるという予定はわりと最近決まったので、ハタとタイミング的にはこれに参加できることに気が付きました。

     

     中瀬あやさんにお目にかかったのは四年前なんですね。ちょうど宗次ホールで開かれた三谷結子さんのコンサートでした。そのあと伊勢高同窓会やら徴古館のコンサートにも参加させていただきました。

     

     この伊勢のディナーコンサートもいままで何度かFBご案内をいただきながら参加できなかったのです。で、ダメ元で参加できないか問い合わせたところ、前日にもかかわらず席を追加していただけることになりました。

     

     で会場は近鉄五十鈴川駅からすぐのオランジェ五十鈴川テラスという結婚式場となっています。行ってみると比較的最近にできた広いところでした。ちょうど伊勢高つながりでテーブルがセットされていました。披露宴用の丸テーブルなので、料理さえ間に合えば何とかなったようです。もっと小さなライブハウスのようなところを想像していたのでびっくり。

     

     フランス料理のフルコースディナーということで、まず食事。デザートタイムに差し掛かったあたりでようやく中瀬さん登場。まずご挨拶とピアノソロ。

     

     で披露宴のお色直し用の階段から歌いながら三谷さん登場。

     

     

     前も書きましたが三谷さんはウィーン在住のソプラノ歌手で夏の間日本各地でこういうコンサートを開いて見えます。でウィーンナンバーを中心に、また山田耕作ナンバーや赤とんぼなど日本のナンバー。宗次ホールとは客層が違うのかクラシックのお話はやや少なめ。

     

     最後はチャルダッシュで盛大に締められましたが、前よりも迫力を増して居る気がしました。器楽演奏に比べると声楽は訴求力が違うということを痛感するコンサートでした。

     

     宗次以来ですが赤とんぼなど中瀬さんのアレンジだなあと思って聴いていました。彼女は本来作曲家なので一度オリジナル曲ばかりのコンサートというのを聞いてみたい気がします。

    | 音楽 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    右手のピアニスト樋上眞生、カッチーニ・アヴェマリア三昧
    0

      JUGEMテーマ:趣味

      JUGEMテーマ:音楽

       

       

       帰ったのは三連休の中日ですが、いつもの東名阪の渋滞は事故渋滞も加わって、伊勢を六時前に出たのに名古屋到着は9時過ぎでした。その大渋滞の中でリサイタルノバァで樋上眞生の右手のピアノを聞きました。ひのうえまお、えっ井上真央じゃないのと思ったのですが、インタビューを聞くと男性で、こてこての関西人ということでした。

       

       片手のピアニストとしてはおそらく一番多いジストニアという病気ですが、片手のピアノ曲は圧倒的に左手のもので、左手用の楽譜を右手に直して弾かれることが多いそうです。そのなかの一つ片手の革命のエチュードは圧巻でした。あたけは両手でもちゃんと弾けないのに。

       

       ネットで検索すると、最後にマイフェバリットピースで弾かれた、カッチーニのアヴェマリアがヒットしました。

       

       

       ここのところずっとお経ばかり聞いていたので、和声とメロディーのある音楽は心にしみます。

       

       仏教音楽というのは基本的にワンノート音楽、リズムも単調で究極のミニマルミュージックかもしれません。和声はあるのですが、基本的に減五度だけ。この減五度というのは平均律の1:√2が一番正しい音程。東洋の美学、白銀比であることに気が付きました。

       

       ちなみにこのカッチーニのアヴェマリアは、イタリアルネサンスのジュリオ・カッチーニの作品ではなく、ウラジミール・ヴァヴィロフという20世紀のロシアの作曲家の作品というのがほぼ定説。NAXOSミュージックライブラリでは当然ヴァヴィロフのところにたくさんあるのですが、それ以外の曲は皆無。カッチーニのところにもひとつだけ有りました。

       

      近年とみに人気曲でyoutubeではたくさんの演奏がヒットします。片手のピアノ演奏では館野泉さんの左手の演奏があります。アレンジは吉松隆。

       

       

       右手と左手の違いはあるのですが、樋上さんのものは自分で弾くだけに極限まで片手の可能性を追及しているのが分かります。

       

      義松さんのアレンジでは両手版もあります。

       

       

       でもいろいろヒットする中で一番感動したのはこれ。

       

       

      本田美奈子ファンだからかもしれませんが、故人を偲ぶ曲として定番になってもいいのかもしれません。

       

       

      | 音楽 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      昨日は一日シベリウス三昧。
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         月曜ですが、特許関係の図面描きです。最近BGMによくNAXOSを使っています。愛知県図書館の会員登録をすると無料で利用できるということに気が付きました。同時アクセス数に限度があるということですが、いままでニコ生のように追い出されたことはありません。いろいろ音楽関係の資料に出てくるのだけれどなかなか聞く機会のない曲とか、楽譜だけあるのだけれどどんな曲かわからない

        曲とか探して聞くことができます。

         

         でこの日はシベリウスのピアノ曲集の楽譜を引っ張り出して、楽譜を見ながら聞いてみたり。どこが仕事のBGMだか。

         

         シベリウスといえばバイオリンの名手だったという話は聞きますが、バルトークのように大ピアニストだったという話は聞きません。バイオリンコンチェルトは日本では交響曲第二番やフィンランディア以上に人気曲になっていますが、ピアノコンチェルトというのは聞いたことがない。でも館野泉さんが日本に紹介したみたいに、たくさんの比較的弾きやすい曲があるようです。

         

         ということで、とりあえず一曲というとこれが出てくるようです。弾きやすそうで、もっと人気が出てもよさそう。

         

         

         一番好きな曲はと言われると、たぶん交響曲3番。次いで6番というところでしょうか。

         

         火曜は名城大で一日スケッチアップ三昧。

         

        | 音楽 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        ヤマハ名古屋店工事中ですが買い物するとサービス券がもらえる。
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           今日も午後から雨の予報で八事までミニチャリであとは地下鉄一日券。造形大の図学は例の展開図の作成です。で午後一で家に帰って昼食を取る予定で最速帰宅に挑戦しました。結果授業終了から一時間を切って帰れることがわかりました。が、ちょっと駐輪トラブル。

           

           夕方NIMRAの六月例会だったので、一日券だったわけですが、伏見の事務所協会に寄って建築士法の所属建築士の届け出をやりました。なにやらいろいろ提出させられる書類が増えたわけですが、これまでに提出している書類で十分把握できるはずなのに、それではお役人が仕事をした感じにならないのですかね。

           

           でまだ少し時間があるのでヤマハ名古屋店に寄ってみました。現在リニューアル工事中ということですが、おとなりのすっかり取り壊されているほうがヤマハかと一瞬焦ってしまいました。

           

           ここのところ毎朝一回は平均律の一番の四声のフーガと二番のプレリュードを弾いていて、おかげでほぼ暗譜してしまったわけですが、やはり初見の練習をしないと、ということで小プレリュードと小フーガを買いました。六つのプレリュードのほうは別の楽譜を持っているわけですが、12のプレリュードってどんな曲だっけということで。

           

           普段栄のカワイのほうが便利なので楽譜はこちらで買うことが多いのですが、ヤマハもこの際会員になることに。で税込み1080円を払っただけですが、なんと500円の買い物優待券をもらってしまいました。五割引じゃんと思ったのですが、よく見ると3000円以上お買い上げの場合とのこと。

           

           でまた伏見から地下鉄で名駅の大名古屋ビルヂングのICナゴヤへ。NIMRA40周年記念事業の幹事会に押し掛けたのですが、肝心のメインの幹事二人が欠席でほとんど雑談になってしまいました。

           

           

           大名古屋ビル21階から見下ろす名古屋駅前。リニアが2027年にやってきて、さらに迷駅に拍車がかかる? アイレベルではよくわからない広場ですが、こういうデザインだったわけですね。

           

           

           

          評価:
          Hans Kann
          全音楽譜出版社
          ¥ 1,080
          (2005-03-24)
          コメント: 対位法的な初見の練習にはよさそう、装飾音などの解説が入っているのはよいが、楽曲に対する日本語の解説がほしかった。原文英語かと思ったらドイツ語だし、自動翻訳ではないかと思うような訳文だったので。

          | 音楽 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          キースジャレットのショスタコビッチ。福田進一の武満徹。
          0
            評価:
            福田進一,フェイン,レノン,ドゥジェイテール,武満徹,ブローウェル,アーレン,ガーシュウィン,中田章,コスマ,コンヴァース
            日本コロムビア
            ¥ 933
            (2007-12-19)
            コメント: 武満徹が亡くなったあとの追悼アルバム。武満の先鋭的なギター作品とビートルズナンバーなど12の有名なポップスのアレンジ、最後はレオ部ローウェルの悲歌という追悼曲で占めている。それぞれギターの魅力を引き出している佳品。

            評価:
            Keith Jarrett,Shostakovich
            Ecm Records
            ¥ 6,395
            (1994-02-15)
            コメント:ショスターコビッチということで、また難解な音楽かなと覚悟したのですが、とても聞きやすいおしゃれな感じの曲が多かった。ロシアのピアニストの定番曲らしいですが、日本ではあまり知られていません。キースらしい演奏で、日本でももっと演奏されてよい曲です。

            JUGEMテーマ:音楽

             さて日曜ですが、いろいろ分割出願するほうの試作を試みたりですが、まだお見せできません。でその間先日県図書で借りたCDの再生と取り込み。

             一枚は福田進一の武満アルバム。前衛的な曲とポップスアレンジからなっているのですが、どちらも魅力的。武満はギターが弾けなかったのでギタリスト泣かせのアレンジになっていると聞いたことがありますが、いろいろ変則チューニングも試みているようです。武満の影響を受けた海外の作曲家の「悲歌」がエンディングで武満の追悼アルバムになっています。

             二枚目はといっても二枚組ですが、キースジャレットのショスタコービッチの24の前奏曲とフーガ。バッハ生誕200年祭に招かれてその影響で書きだした曲ということで、とても楽しめました。ショスタコというと難解なイメージがあるのですが、プロコフィエフとは明らかに違うことを思い知らされるか感じです。何度も経験していることなんですが。

             キースジャレットでなければ借りなかったのですが、もっと有名になっていい曲だと思いました。ショスタコビッチには別に24の前奏曲もあるのですが、こちらはショパンにならったとのこと。

             現代のフーガというのがもっとあって良い気がしました。


             

             
            | 音楽 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            シンフォニア11番ト短調だった
            0
               
              JUGEMテーマ:音楽

               今日は名城大の日。学生もぼつぼつJWCADに習熟し、あまり先生を煩わせず、どんどん課題コルビジェの母の家(小さな家)を描いていきます。ということで、暇。

               10日はいろいろ締日で昼休みバタバタとしました。

               午後ふと頭の中で明らかにバッハと思われる音楽が流れているのに気が付きました。美しい曲で、たぶんかつて暗譜で完璧に弾けた気がするのですが、すっかり忘却の淵に沈んでいました。だいたい全曲頭の中で再生できるのですが、時折バッハの違う曲と途中で混戦したり。なんだっけこれ。

               そんなにむずかしい曲では無さそうで、六つのプレリュードのどれかか、インベンションとシンフォニアの中の曲。たぶんインベンションで、調性はたしかト短調ではないか、くらいまで考えてました。

               この日は朝はくもりだったのですが、午後三時くらいから雨の予報でした。で先日快適だったポンチョ持参でミニチャリで行ったのですが、前回の干し方が間違っていて、外側は乾いているものの内側が濡れていてあまり快適ではありません。

               ともかく帰ってすぐ楽譜を調べるとシンフォニアの11番ト短調でした。シューマンなどのロマン派対位法につながるロマン派の萌芽的な曲です。




               なんかピアノの課題曲になることが多いようで、これは模範演奏のようですが、ちょっとロマン派的すぎるかも。

               インベンションのト短調はこれでした。



               この子すごく上手です。

               それにしてもト短調って名曲が多いです。フォーレのシシリエンヌもト短調でなんか通じるものを感じます。もし大バッハが居なかったら西洋音楽はこんな発展をしなかった気がします。まさしく(西洋)音楽の父ですね。

               
              | 音楽 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              題名のない音楽会で上原彩子神童から巨匠へ
              0
                JUGEMテーマ:音楽


                 実は連休も明けたので、続けるつもりなら更新しないとということで、日曜ですが朝題名のない音楽会
                たしか神童たちの音楽会で、ピアノやバイオリンの神童が現れて見事な演奏を披露したわけですが、まあ見事といってもやはりそこは子供の初々しさが漂います。で最後に誰がベートーベンの一番のコンチェルトを弾くのかと思ったら、かの上原彩子さんでした。



                 チャイコフスキーコンクールで東洋人初の一位になって一躍有名になった彼女ですが、その後あまり耳にする機会がなかったように思います。で中村紘子さんの言うにはペダルに足が届かないころからショパンの超絶技巧のエチュードなどを弾いてびっくりした戦後最大の神童とのこと。彼女がこんなにべた褒めするのを初めて聞いた気もします。

                 で、このコンチェルトはきらびやかなテクニックのロマン派のコンチェルトとは一線を画す音楽性なんですが、逆にもはや神童から巨匠に近づいている風格を感じました。

                 ヤマハの川上会長の意向に従って日本の音大に行かなかった彼女ですが、そのぶん日本の音楽界では損をしている気もします。ヤマハの専属ということで、コンサートではスタンウェイやベーゼンドルファーを使えないという噂を聞いたこともあります。この日のピアノはスタンウェイでしたが。

                 今回ネットを見ていて、東洋のアルゲリッチという声もあり、もっともっと活躍してほしい方だと思いました。いつの間にか結婚されて、母になられていて、それも音楽性を広げるのに役立っているのかもしれません。

                 
                | 音楽 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                ピアね会で瑞穂文化小劇場のピアノを弾きました。
                0
                  JUGEMテーマ:音楽

                   今日は昨夜の風雨が午前中に上がって急に暑くなりました。名古屋では27度でしたが、津を含め全国で30度越えの真夏日になったそうです。そんな中またロードバイクでピアね会。昨年オープンしたばかりの瑞穂文化小劇場で、今回も出遅れたのですがドタキャンが相次いだために参加できました。

                    家からは15分もかからずに行けるのですが、雨上がりの瑞穂公園の土の上を700Cのタイヤで走るとしっかりと食い込むことが分かりました。ほぼぴったりに着くとすでにピアノの音が。



                  カワイのコンサートグランドEX-Lです。芝居用の舞台で少なくともこの日は反響版がありません。



                   そこに残りのメンバー登場。もはや小劇場とは言えんだろという客席です。

                   一曲目は、どんなピアノか探り弾きしているとホルストの木星になってしまいました。気持ちよくバリバリ引けるピアノだったらフリーインプロビゼーションのつもりだったのですが、なんか気持ちよくない。でもそのままサライになりました。これはちょっと予定して朝から数回ユーチューブをチェックしていました。キーは黒鍵中心のF#。ユーチューブを参考に最後のほうで右手で最低音のあたりのトーンクラスター打撃音を入れてみたのですが、ちょっと勇気が要りました。



                   で二回目は白鍵メインのCでまず森田童子の僕たちの失敗から入って、翼を下さいになりました。でも白鍵ばかりだと弾きにくいので、最後ワンコーラス突然の対蹠調転調をやりました。このピアノはやはり白鍵のほうが大きな良い音が出ます。スタンウェイなど黒鍵がよく鳴るのですが。

                   一回目もそうですが、ほかの参加者が合わせて歌ってくれていた気がします。最近参加型の映画館などというのもあるそうなので、参加型のピアノコンサートがあってもいいかもしれません。歌声喫茶になってしまうかな。

                   で、三回目がお披露目ということで、久々のAKBシリーズで365日の紙飛行機、ヘビロテ、カチューシャのメドレーをやりました。久しぶりに弾くとやはり慣れないEbの部分で分からなくなったりします。なんか最後まで音が出ていない気がしてこのピアノ嫌い、などとコメントに書いてしまいました。ほかの参加者もなんか音が返ってこないと言っていたのですが、反響版がないせいかもしれません。でも心配しなくてもすごく音出てましたよ、と慰められました。


                   
                   帰りに覗いたのですが、下のフロアは瑞穂図書館が入っています。防音はしっかりしているのでしょう。新しいだけあって天白に比べて、広くてきれいです。距離的にはあまり変わらない気もするので、こっちを利用してもよいかもしれません。
                  | 音楽 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  「飛翔」羽ばたく若き才能コンサートに行きました。
                  0
                    JUGEMテーマ:音楽

                     今日はエープリルフールなんですが、朝ザハハディドが亡くなったということで、エープリルフールではないかと思いました。ケロッとして出てきたりしてと。まあでもそういう人の生死にかかわる冗談はないですよね。

                     この日は恒例の名芸スタッフミーティングですが、来年度から現在の4学部が2学部に統一されるとのこと。てっきり東西キャンパス単位で音楽学部と美術学部になるのかと思ったら、芸術学部と人間発達学部に分かれるとのことです。芸術学部の下は芸術学科の一学科になるとか。その狙いについての説明はありませんでしたが、文科省では学科単位でいろいろと縛りを設けているのでその対策でしょうね。造形大でもやっていますが、ようするに専任の数を減らして非常勤を中心に回そうということか。そのほうが人件費が安くつきますから。
                     
                     この日は雨模様ということでまた公共交通で行ったのですが、懇親会は早めに退席して、名古屋駅前で特許事務所によったあとしらかわホール。飛翔はばたく若き才能。というコンサートに行きました。この中でショスタコビッチのコンチェルトを弾かれる杉本明佳音さんからフェースブックでご案内をいただいたので、また武藤先生をおさそいしました。

                     でプログラムは四人の若手ソリストと名古屋室内管弦楽団による四つのコンチェルトで、まずサンサーンスのピアノ協奏曲第二番ト短調から。ソリストの杉本依実南(えみな)さんは金城学院大の二年在学中ということですが、トリの杉本さんの妹さんとのこと。直前まで妹が出ると知らなかったそうです。バッハにはじまりオッフェンバックに終わるといわれるそこそこ有名な曲で、存分に曲の魅力を引き出した熱演でした。サンサーンスは四番のコルトーのレコードを持っていたのですが、天文学数学などもやったそうで、作曲も才気が勝ちすぎている気もします。

                     次が鈴木美穂さんのプロコフィエフの二番のコンチェルト。武藤先生によると一番有名な曲だそうですが、これもあたけがアルゲリッチのCDを持っているのとは違う。四楽章からなる長い曲ですが、しっかり弾ききった大熱演でした。

                     でこのあと休憩


                     休憩中のホールを二階席から。すでにピアノはかたずけられていて、このあと後半はチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトから。川畑美津代さんといわれる東京芸大卒の方。前の左手の席で聞いていたのですが、音量が豊かで確かな演奏。でもこういうみんな名演奏をいっぱい知っている曲は大変ですね。そういうのと比較するのは酷ですが泣かせ方が足りない気もします。

                     さてオオトリはお友達になっている杉本明佳音のショスタコーヴィチのピアノコンチェルト二番。これも初めて聞く曲ですが、プロコフィエフとは対極の軽いしゃれた感じのコンチェルト。でもテクニック的にかなり難しそうなところをシュアに弾ききっていました。これまで知っていた明佳音さんの演奏とは全然違う。ちなみにショスタコーヴィチが息子の誕生日に贈った曲だそうで、三楽章では有名なハノンのパロディーのような部分もあります。ちなみに杉本明佳音さんは愛知県立芸大を出られて今は愛知教育大学の大学院に在学中とのことです。

                     昔は新人のコンサートというとあがってしまって途中で止まってしまうような演奏もあったのですが、最近はルーティーンとかメンタル対策も進化してきたのでしょうか。みんな存分に実力を発揮した演奏でした。それともほんとの実力はまだあんなもんじゃない?

                     
                    | 音楽 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    ミッドランドスクエア音楽祭「時代を追って」に行きました。
                    0
                      JUGEMテーマ:音楽

                       今日は日曜ですが、NHK杯戦は先週決着がついて今日は高校野球。朝からロードバイクでミッドランドスクエア音楽祭に行きました。


                       けっこうぎりぎりにつくと長坂さんのお父さんと、お目当ての長坂沙織さんとばったり。えっもう出番じゃないのというと、彼女はソリストで最初のパッヘルベルのカノンには参加せず、ヴィヴァルディーの四季から参加とのこと。お声をかけた名城の武藤先生も見えてご紹介。ユーチューブで沙織さんをチェックして笑顔で難曲を弾くのに驚かれたそうです。


                       ということで、カノンはとばして四季、全曲。





                       ちょっと写真がブレブレになってしまいましたが、会場の女性から綺麗な人ばっかりだねーという声が上がっていました。長坂さんにとってこのくらいは余裕しゃくしゃくで完璧な演奏というところです。

                       先日港区で金澤みなつさんのピアノ伴奏版でリサイタルをされて大盛況だったそうですが、やはりこれは和声の美しさから言っても弦楽合奏で聞きたい曲。平均律の音楽ではない。

                       最初中学くらいで、バイオリン協奏曲「四季」と聞いたときそれぞれ春夏秋冬の四楽章、という安易な発想かなと思ったわけですが、もちろん違います。春夏秋冬それぞれ三楽章からなる四つの協奏曲で、曲の合間にアナウンスが入ります。

                       ふと思ったのですが、まったく予備知識のない人に四つの協奏曲を聞かせて、春夏秋冬を当てさせるとどのくらい当たるものなんでしょう。実験したい気がします。なかなか周りで予備知識のない人を探すのは難しそうですが、うちの妻などは該当しそう。人口の七割くらいはそうではないかと思います。一度もどこかのメロディーに聞き覚えがないという人は多分三割以下だと思いますが。鳥のさえずりとか入っているのでそのあたりはヒントになりそうです。

                       まあでも会場はオープンで音響も悪くざわついています。今回はもう沙織さんのステージはなく、次に日本でコンサートをやられるのは10月とのことでした。

                       いつもながらこんな会場。



                       これは次のアルトサックスによるジャズバッハ。
                       午後から雨の予報だったので早めに帰りました。
                       
                      | 音楽 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      << | 2/33PAGES | >>