CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
皮むき多面体今年もやっています。
0
     
    JUGEMテーマ:学問・学校


     ここのところ、新年とは思えない暖かい日が続いていて、西日本各地で20度越えも。新年ではなく新年度みたいという声もあります。門松がなんとなく季節外れに見えてしまいます。初詣の伊勢神宮できれいな紅葉をみたというニュース投稿映像もありました。あまり喜べないニュースです。
     
     で、昨日は学校もスタートしたころということで、今年はこれまで皮むき多面体を教材採択いただいた学校を中心に、FAXで年賀状兼注文書を送りました。

     その際いろいろチェックしてe-FAXというのを始めました。新しい電話番号の割り当てから始まるのですが、これはなかなかするどいビジネスモデル。最初お試し無料で、基本料金年間15,000.-で毎月150枚までは送れるというもの。広告宣伝費と考えれば安いものですね。

     というわけで取得した電話番号が (052) 308 1939 です。別に日本だけでなく世界中どこの電話番号でも使えるようですが、やはり名古屋にしておくのが自然。

     でももともとこのビジネスは海外の会社が始めたものらしくて、試しに自分の会社のFAXに送ってみると、見事に姓と名が逆になって届きます。日本人向けには最初の連絡先登録で、姓と名を逆に行けておくとよさそうです。あとすべて国際電話として登録しないといけません。

     解像度もちょっと粗目ですが、文書を送るには十分です。今のところ全く反応はありませんが(T_T)

     というわけで皮むき多面体今年もやっています。

     学校向けにはシート版100枚¥33,000.-というセットもあります。
     
    | 展開構造 | 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    表山学区ブロック防災訓練に参加しました。
    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル
      JUGEMテーマ:日記・一般


       土曜は朝から学区ブロック防災訓練でした。前回は避難所予定の小学校体育館でのイベントでしたが、今回は近くの表台公園で阪神大震災風に公園を避難拠点にするイベント。これも毎年やっているようですが、組長になったおかげで初参加です。

       自治会関係者以外にあまり知った顔はありませんでしたが、あいさつではこの第三ブロックは一番参加率が高いとのことです。

       まず有志で仮設テントの組み立て。運動会などでおなじみのテントですが、組み立ててみると基本形は同じなんですが、部分的にいろいろ昔より進化しているのがわかります。みんなで建てると15分くらいで立ち上がります。




       柱が一本なかったのですが、ちゃんと自立。もともとなくても建つので省かれたのかもしれません。

       テントの中でまたAEDの体験などあったのですが、前回やったので遠慮しました。また解説する人が違うといろいろわかることがあります。

       ついで自治会が抱えているいろんな防災用品の展開。

      これは仮設トイレ。二タイプありました。

       これがその目隠し。更衣にも使えるとのことで、ぐるぐる巻きの骨をアーチ状に伸ばすタイプ。簡単ですが、たたむほうがコツがいるようです。

       こちらは避難テントなんですが、もともとアウトドア用のようです。ダブルスキンで換気などいろいろと工夫がされているのがわかります。二張りあってそれぞれ苦労して組み立てました。パズルのような組み立てが一度わかると簡単そう。

       最後はまた全部たたんで元に戻して、最後に消火器による消火訓練。

       訓練用ということで、この日は消火剤ではなく水が入っています。昨日ほどではないけれど暖かい日で、子供たちがすぐ的の後ろに並んで水遊びにしてしまいます。なんでも楽しそうに遊びにしてしまうものです。

       また前回と同じような防災グッズを参加賞でいただいて帰りました。

       防災用品の開発には大変役に立つ機会でしたが、こういうことは調査研究でもっと早く体験しておくべきだったかもしれません。
       
      | 展開構造 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      オアシス21にアタケタワー出現。
      0
        JUGEMテーマ:アート・デザイン
        JUGEMテーマ:音楽
        JUGEMテーマ:地域/ローカル


         さて昨日はいろいろと建築系のお仕事に進展がありました。今日は朝からまたロードバイクで栄へ。この展示のためです。



         この鳥と犬は日曜にNHK杯を見ながらこれまでのあたけぼねのリユースで組み立てたもの。バージン材と違ってややジョイントが外れやすくなりますが、結構リユースできることを再発見しました。



         ごらんのとおり愛知県建築士事務所協会のイベントに名城大の武藤研究室が乗っかり、そのうえにあたけが乗っかった格好。アタケタワーは岡の山美術館以来の一般公開ですが、安全のため少し高さを抑えています。周りにステイワイヤもとってあるわけで、そこまで大事を取らなくてもという高さですが。どっちにしてもこの空間では低く見えてしまいます。

         本当は上げ下げパフォーマンスもやりたかったのですが、そこまでは出来なかったようです。

         名古屋市消防局のブラスバンドの演奏とリリーエンジェルスのパフォーマンス。



         マーチやポピュラー曲中心ですが、なかなかレベルの高い演奏。

         オアシス21ということであたけはてっきり21日と勘違いしていて、一部のみなさんに誤ったご案内をしてしまいました。

         お昼は帰りにガストで、戻ってブログのまとめ更新をやり、また追いつきました。
         
        | 展開構造 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        旧版あたけぼねくん最後の出荷
        0
          JUGEMテーマ:アート・デザイン

           日曜ですが、NHK杯戦とかテレビを見ながら旧版あたけぼねであたけぼねくんと椅子を作りました。数か月前に珍しくついた熱烈な女性ファンから発注をいただいていたもので、新版でお届けしようと思っていたのですが、なかなか埒が明かずにご迷惑をおかけしていました。

           よく部品をチェックすると色違いのヒンジを使ってなんとか対応できることがわかったので、旧版です。

           組み立てると、我ながら設計としてはなかなか良くできている気がしました。慣れているとけっこう早く組み立てられる。問題は製品管理。潤沢な予算があれば国内のトップメーカーで新たに型を起こして再生産したいところですが。

           ただ組み立てるときにすぐ指先が痛くなるのが難点。ギターの演奏と似たようなものかもしれません。ギターで鍛えた指先でも痛いのだから普通の人はもっと痛いのかもしれません。

           商品として発送すると当然手元には残らないので、お別れに写真を撮りました。



          西日にさらされていますが、すべてたたんだところ。大きいのは前に出てきた大型あたけぼねくん。
          黒ヒンジが今回作ったあたけぼねくん。ブルーが椅子です。



          椅子と旧あたけぼねくんだけ展開。



           椅子に行事をお願いしてお相撲をとる新旧あたけぼねくん。



           椅子の上でバランスをとるあたけぼねくん。
          試みたのですが、ちゃんと座ることはできませんでした。



           出荷のあと戻ると、中秋の名月でした。
           
          | 展開構造 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          大型あたけぼねくんを作りました。
          0
            JUGEMテーマ:アート・デザイン


             また後日更新なんですが、昨日は中国抗日戦争勝利の軍事パレードがけっこう世界の耳目を集めました。一種の歴史認識問題なんですが、パレードを見ているとなんか中国六千年の歴史「中華思想」が中国の民主化をかたくなに阻んでいる気がしました。

             で昨日はずっと待ったなしになっているはずの、あたけぼねVer.2のデザイン。午後これを作りましたが、写真を撮ったのはこの日付で今日。一日快晴のはずが、午前突然雨が降ったりしました。午後は快晴。





            深く頭を垂れるあたけぼねくん。立ち上がれます。



            なぜかWIN10に変えて、画像のタテヨコがおかしくなりました。
            もはやガラケーのフォーマットに対応していないのかも。
            確認すると、リンク先の大きな画像はちゃんと立っています。

             実はこのあたけぼねくんはVer.1よりかなりでかい。倍までは行きませんが。
            最長穴間距離Ver1.の12cmに対して約20cm。このくらい大きいといろいろ実用用途もありそうです。

             今回のはペラペラなので、かなり応力変形していますが、これで見るとどこの部材にどれくらいの力がかかっているか
            よくわかります。



             横のがこれまでのVer.1なんですが。さてこの横のほうは何?



             少しだけ無理矢理系なんですが。



             骨格としては立方八面体。おそらく初出では?



             新旧バージョンの共演で、あたけぼねくんが立方八面体の玉を転がしている構図なんですが。
            マウンティング行動に見えなくもない?
             
            | 展開構造 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            未来テクノ株式会社さんがごあいさつに来られました。
            0
              JUGEMテーマ:ビジネス

               昨日の日付で今日のことまで書いてしまったので、この日付で今日の話。
               台風15号は石垣島の観測史上最大という71mという​最大瞬間風速を記録して大きな被害を出したわけですが、昨日から九州を縦断してまた大きな被害を出しました。次第に明らかになってきていますが、農作物やビニールハウスの被害が甚大のようです。今日日本海で温帯性低気圧に変わりました。
               
               愛知県でも沖合に係留されていた船が流されて座礁するという被害が出ています。今日はまだ突然激しい雨が降り出す不安定な天気。ということでまた車で午後名城大学に行きました。
               
               まず武藤先生のところで打ち合わせ。といってもまだ夏休みモードで九月にならないと本格化しません。一応アタケタワーは学生の論文の指導に使うので、つい手を出したくなるのをじっとこらえておられるとか。
               そのあと、未来テクノ株式会社さんの来訪を受けました。
               

               防衛省関連で弊社とお付き合いがあったオガワテクノさんの民事再生にもとづいてできた新会社ですが、M&Aで新体制になってむしろ事業規模が大きくなったようです。以前の担当者は新体制に加われなかったとのことで、元その部下の方を含めて部長課長課長代理の三人のそろい踏みで見えました。新体制にともなって全国のお得意先にあいさつ回りをされているということです。
               
               なにやらいろいろ九月から進展しそうな予感です。
              | 展開構造 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              お盆ですが、名城大で打ち合わせ。
              0
                JUGEMテーマ:学問・学校

                 昨日13日は夜半から午前中まで久しぶりの雨。世の中は普通にお盆なんですが、夏休みに突入した名城大学で東京からの来客で特許開発関係の打ち合わせ。貸しきり状態は良いのですが、冷房が切られているので大変です。

                 でもまあなかなかよい打ち合わせができました。あたけがサボっている間も武藤研の学生たちは着々と仕事をしてくれていました。
                 
                | 展開構造 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                新国立競技場白紙撤回を建築界の転換点に。
                0
                  JUGEMテーマ:ニュース

                   昨日は名古屋芸大の多面体と植物文様の課題講評会。毎回人気投票をするのですが、今回は瀬田先生のクラスに完敗でした。別にクラス対抗でやっているわけではないですが。こちらのクラスの力作にあまり票が入らなかったのはクラスの気質のせい?
                  ともあれ今回初めてクラス代表ニ作品を一票も入らなかった作品からあたけの独断で選びました。

                   さて木曜夕方新宿で明るいうちから飲んだ相手は久しぶりに会った名大建築同期の安川氏。ちなみに安川氏はまだ仕事があるということで素面ですが、やはり時節柄新国立競技場の話題になりました。実は安川氏が某大手設計事務所の仙台支店長時代に仙台の陸上競技場のコンペをあたけと共同でやったことがあります。CGで計画案を起こした画期的な提案だったわけで、このときのパースがまだあった筈。

                  http://atake-i.jugem.jp/?eid=1011831

                   で新国立競技場ですが、このときはまだ白紙撤回決定にはなっていなかったのですが、あたけがこのブログに載せたあたりから急に雲行きが怪しくなって昨日安倍総理がザッハ案白紙撤回を表明しました。

                  http://atake-i.jugem.jp/?eid=1235835

                  http://atake-i.jugem.jp/?eid=1235836


                   ちょうどあたけが誰もリーダーシップをとろうとしないのが最大の問題と書いたわけですが、その安倍さんが最後に指導力を発揮した形です。ただ、安保法制の衆院強行採決で支持率が下っているので、手っ取り早く支持率回復をねらったと言ううがった見方もあります。自民党内からの突き上げが厳しかったとの報道もあります。

                   先日得た内部情報としては、予算もさることながら、あれはほんとに工期内にできるのか?という声が施工業者内にあるということ。

                   どうしてもやりたくない仕事でもNOと言えない場合、業者としてはとんでもない見積もりを示すということが良くあります。いわくリスク代と言うわけで、やりたくないということを数字で表すわけです。そういう見積もりだったのかなとふと思いました。

                   正確な見積もりが出るには詳細に渡って実施設計ができている必要があり、そうでないと確認申請も降りず、着工もできないわけですが、実施設計がきちんとするためには構造計算なども終わっている必要があり、そのあたりがどこまできちんとできていたのか疑問です。少しでもあいまいな部分があるとリスク代として高い見積もりを示されることがあります。

                   あいまいな部分があっても、通常のやり方で問題なくできる、あるいは逆にそこで減額あるいわ手抜きできると踏むと、競争入札でどうしてもとりたい案件の場合には逆に安く出てくることがあり、そのへんは設計事務所側との駆け引きになってきます。

                   コンペで当選案で実施が決まったものの、工期は予定の数倍の14年もかかり、予算が当初の14倍にも膨れ上がって、設計者は工事途中で事実上罷免されてしまった建築物があります。現時点で最も竣工が新しい世界遺産になっているシドニーオペラハウスです。

                   これももともとコンペの要綱を満たさないとして最初の段階で退けられた案の中から審査委員だったエーロ・サーリネンが拾い上げて当選案に押し上げたそうです。やはりアイデアスケッチ程度だったので構造計画をめぐって紛糾し、実際に構造計画をまとめて名を挙げたのがオブ・アラップ。ご本人は既になくなっていますが、アラップ事務所は世界的に難しい構造を担当する構造事務所として今回の新国立ザッハ案実施設計にも参加していました。おそらくこれまでも何度もタッグを組んでいたので彼女に指名されたのだと思います。

                   でオペラハウスですが設計者ヨルン・ウッソンは生涯ニ度とオーストラリアの地を踏まず、後年オーストラリア政府から名誉回復が行われた際にはすでに高齢で息子が替わって出席したそうです。

                   そういえば、工期無制限工費青天井ということで途中で設計者が罷免された建築物としてはフランクロイドライトの帝国ホテルがあります。どちらも建った後はそれに見合う以上の素晴らしい建築だったという評価を得たわけですが、今回オリンピックに間にあわないとなったらタダではすみません。決まりかけていた施工業者はほっと胸をなでおろしているのかもしれません。

                   あとオペラハウスとは決定的に違う問題があります。オペラハウスはとても目立つ場所に建っているためシドニーのみならずオーストラリアのシンボルとして機能しているので、今となっては安い買い物だったということになるわけですが、新国立競技場では周囲の景観を損なうとまで言われて、有識者会議の資料ではこんなにも周りから見えませんというアピールまでする始末。

                   周りには広場も無く、そんな見えないような建物に住宅ならば軽く一万戸も建ってしまうお金をつぎ込むのか、という批判は当然だと思います。

                   建築界にはフランク・ゲーリーのビルバオ・グッケンハイム美術館あたりから、とにかく奇抜なデザインで人を呼び込めば、建設費なんて安いもの、という風潮があったのですが、今回の事件は一石を投じることとなりました。

                   一部の報道にはもう一度コンペをやっている時間は無いとして内内にすすめようとしている動きも見えますが、こうなったからにはますます透明に、時代の転換を告げる建築にしてほしい。

                   もう一度書きますが、前回の東京オリンピックの花、丹下健三の名作代々木競技場はたった一年半の工期で完成しています。
                   また建築家がみんなそんな工期ではできないといって手を引いた第一回ロンドン万博の水晶宮は、一介の庭師だったパクストンがたった9ヶ月の工期で完成し、プレファブリケーションという手法で建築の新しい時代を開いたわけですから。

                   
                  | 展開構造 | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  おうちになるロボット
                  0
                    JUGEMテーマ:アート・デザイン
                    JUGEMテーマ:学問・学校

                     今日は朝雨で、一日降り続くはずだったのですが、午後は降ったり止んだりで、また現場に行きつつ、新しい建築のお仕事の打ち合わせ。建築の仕事もないと困るのですが、時間も食うし、大変なことも多いのでたくさん抱えたくないものです。

                     国立競技場の屋根ももう遅いかもしれませんがあたけならこんなに安く簡単にできるという方法を思いつきました。なんかの形で発表したいと思いますが、そんなヒマがどこにある。

                     さて、先日来の図学の展開図の課題。とても面白い回答の可能性に生徒が気がつきました。それを今日改良した成果を載せます。昨日一応生徒には正解として配ったのですが。

                     題して、おうちになるロボット。

                    おうちになるロボット

                     まだ組み立てていませんが、出来るはず。

                    皮むき30面体ドームなどと同じで著作権は主張しますが、学校などでは自由にプリントしてお使いください。

                    商業利用はご一報を、というか自社で製品化してみますかね。

                    製品化案件も目白押しなんですが。
                     
                    | 展開構造 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    バックミンスター・フラーに会った夢を見ました。マンジャロッティーが亡くなっていた。
                    0
                      JUGEMテーマ:アート・デザイン

                       さて昨日は家で飲む日で二番ネット将棋で勝って10時頃はやめの就寝。またイースター島の悲劇を見られるくらいに起きるつもりだったのですが、起きたのは6時くらい。このごろなかなか東海テレビの早朝番組が見られません。

                       でおきる前に延々とへんな夢を見ていました。表記バックミンスター・フラーがなぜか名古屋で講演会を開くことに成り、呼んだのは元名大教授の大森先生。あたけが最前列で聞いているのですが、なぜか音楽の話しになって、バッハのロ短調ミサという答えをあたけに言わせようとする。

                       リチャード・バックミンスター・フラーでミドルネームがバックミンスターなんで、本来リチャード・フラーなんですが、これだとありふれているのでR・B・フラーでなければバックミンスター・フラーと言われる。日本語版ウィキペディアでもそうなっています。

                       https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%BC


                       で終わってから大森さんに、フラーに紹介してくださいよと言って紹介されるのですが、急に参加したので展開構造モデルを一つも持っていないのを悔やみます。でせめてツーショット写真をと思うのですが、なぜか上半身裸で携帯を持っていなくてチャンスを逃すといった夢です。

                       夢判断とかされると怖い気もしますが、実際もし名古屋にフラーを呼ぶならあたけが主催でしょうね。19世紀生まれなんで存命ならぼつぼつ世界最高齢になっているはずですが。

                       これで以前彫刻家の松尾さんがアンジェロ・マンジャロッティーを呼んだのを思い出しました。あたけが音頭を取って建築家協会と共催で講演会を開きました。そのあと打ち上げをやってあたけぼねを持っている写真があったはず。近鉄で伊勢神宮にも参ってマンジャロッティーがフラーの話をしていたのを思い出しました。有名な建築家の会議であいつがしゃべりだすと止まらないんだ。みたいな。

                      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3

                       上の記事でマンジャロッティーも三年前に亡くなっているのを知りました。91歳というとライトと同じくらいですね。合掌。

                       今日は七夕。一日名城大でスケッチアップで自由創作のような課題なんですが、ちょっと寝すぎなのか緊張感のない講義になってしまいました。
                       
                      | 展開構造 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      << | 2/34PAGES | >>