CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
浜松城に行きました。
0

    JUGEMテーマ:旅行

     この日は朝から浜松。市街化調整区域なので確認申請を出す前に43条申請と60条申請が必要と言われて、ここ二か月ほどいろいろやってきたのですが、ようやく許可が降りたということです。

     ちなみに浜松市は日本最大の調整区域と調整区域内人口を誇るとのことで、誇ることかい。アーバンスクロールを抑えるための制度というのが法の心ですが、調整区域内に20万人以上が住んでいるということはもうすでにスプロールしまくってますから。

     で午前中に受け取って、名古屋市に戻ってその足で確認申請を出すには浄化槽関係でまだ足りない書類がある。ということで何度も市役所に足を運ぶたびに気になっていた浜松城に行ってみることにしました。

     

     やはりここも鉄筋コンクリートの復元天守でした。ポランティアガイドのご老人に名古屋から来たというと名古屋城木造復元の話になりました。名古屋は金持ちだなあというのですが、いやいや浜松こそ、ホンダ、ヤマハ、スズキ発祥の地でしょ。

     

     ということでこちらは一足先に木造復元された大手門。明治まで存在していたとのことであくまで史実に忠実な復元とのことです。

     裏手に市立美術館があるということで行ってみたのですが、休館中でちょっと残念な建物でした。で、そのとなりの日本庭園。古くからある回遊式庭園とのことですが平日とあって人影もまばら。

     餌付けなのか、リスが放されていました。

    で新幹線の浜松駅にはヤマハのフルコンサートグランドがステーションピアノで置いてあるので、浜松に来た時にちょくちょく弾くのですが、これでしばらくはお別れかもしれません。

     

     

     

     

     

    | - | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    リーフが家にやってきた。
    0

       この日リーフを取りに行きました。新型リーフが出ると、旧型リーフの程度の良い中古が大量にお値打ちに出るのではと期待していました。それはあたりだったようで、走行距離1万6000kmで100万ちょっと。五年落ちですが。

       新型リーフスペックは素晴らしいのですが、顔が嫌い。

      電気自動車なのにラジェーターグリルを強調するデザインってもはやデザインとは言いがたい。

      ネットでリーフは冬がつらいと言われていたので、太陽熱を有効利用するために黒しかないと思ってました。

       ディーラーの説明でバッテリーセグ欠けも起こしていないはずだったのですが・・・・・。

      テレビのフルセグを勘違いしたかもしれません。

       

       リーフ初めてだとセグ欠けの意味が分からないのですが、フル充電したときにバッテリー容量表示より充電量表示のほうが長くなればそれはセグ欠けだと千キロ以上走ってから気が付きました。まあ最初はちゃんと欠けてなかったのかもしれませんが、1万7000でセグ欠けは早すぎ。でもまあ長距離を走った後などフル充電で走行可能距離が150km以上表示されることもあるのでこんなものかと。

       

      | 環境問題 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      二日は外宮に初詣
      0

         一日のうちに妻と娘は小俣の妻の実家に移動していたのですが、二日午前タクシーで母と妻の実家に追いかけ、おせちをいただいてからまた宮後に戻り義母と義妹と六人で外宮に参拝しました。

         

         

        二日ともなると外宮は比較的すいていています。

         

         

        これは本殿に沈もうとする夕日。何度も書いていますが、日の出の宮が内宮で、日没の宮が外宮というのが阿竹説です。

         

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        | 伊勢 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        初詣に家族で行って、もみくちゃにされること。あーそれも迎春。
        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

           新年あけましておめでとうございます。

           

           このごろ年頭はブログをちゃんとつけようと思うのですが、で9年半まじめにやったのですが、10年となるとげんなりして・・・。

          ということで12年目に突入ですかね?

           

           今日は元旦。伊勢で早起きで、家族三人で内宮へ。

          昨年は父の忌中で行けなかったのですね。

           

           

          これは内宮のどんど火。今年は外宮先拝が出来ませんでした。

          ちなみに結果的に内宮工作所に駐車しましたがここは穴場かも。

           

           

           内宮の拝殿前。この20年内宮は近くなっているのですね。少し初々しさが消えて風格が出てきました。

          何やら儀式に遭遇しましたが、撮影は神官に制止されました。

           

           

           さて例年おなじみの宇治橋前。日の出前ですが年々有名になってきているのか場所取り過酷です。

           

           

           これは7時37分の内宮前広場反対側の初日の出。

           

           

           でこれがもみくちゃになりながら撮った7時47分の宇治橋まえの画像。地表は超音速で回転しているはずですが、わずか100mを10分もかかっています。しかも逆回転。これは向こうにある山のせいで、地球の角速度は一時間15度。ということは一秒あたり、角速度15秒。地球の自転がとても遅く感じられました。

           

           もちろんこの間家族は待ちきれず、おかげ横丁へ。

           

           年末年始可能な限り、逃げ恥全話一挙放送を見ました。ガッキーかわいい。

           

           ちなみにタイトルはもちろん吉田拓郎の青春の詩のパロディーです。

           

           

          | 伊勢 | 18:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
          核兵器禁止条約に加盟できない日本を独立国とは呼べない。
          0

            JUGEMテーマ:ニュース

             

            Japan who can't join the nuclear weapon prohibited treaty can't be called an independent country.

             

            日本政府の言い訳は詭弁以外の何物でもないですね。属国なんだから仕方ないのか。

             

            8時15分一分間の黙祷をしました。

             

            世界中が日本が真に独立することを望んでいると思いますよ。

            | 世界平和 | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            藤井聡太14歳を見ました。
            0

              JUGEMテーマ:ニュース

              JUGEMテーマ:趣味

               

               今日は一日分室化した執務室で、結構八時過ぎまで居ることも多いのですが、夕方早めに家に戻って東海テレビの藤井聡太14歳を見ました。小学生のころから注目して取材してきたとのことで、ナレーターの欽ちゃんはアマ四段とのことですが、詰め将棋選手権三連覇のことが取り上げられてなかったり、三段リーグ一期抜けについてもほとんど時間を取ってなかったり、将棋ファンとしてはやや拍子抜けの内容でした。

               

               でも奨励会時代の日常や杉本七段とのやりとり、さらには師匠が特別に豊島七段(当時)との練習対局をアレンジしたり、いろいろ舞台裏を知ることが出来ました。三段リーグでは一期で一位通過とはいえ13勝5敗なので、それなりに負けています。それがプロ入りしたとたんに28連勝なので本人がいうように幸運もあったのは確かですが、一番ごとに強くなっている気がします。

               

               奨励会で先輩たちの座布団を並べていたり、いろいろ下働きをしているのを見ると、あの14歳らしからぬ卒のないコメントなど日ごろから大人の間でもまれているからなのだと納得が行きました。将棋は頭脳のぶつかり合いだけに、礼に始まり礼に終わらないといけないのが実感できます。

               

               奨励会もたしか26歳で年齢制限なので、棋士になれないと就職が大変みたいですが、日ごろこれだけもまれた、頭脳明晰な若者たちはもっと企業から引く手あまたでも良いのではないですかね。

               

               

              | ボードゲーム | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              リーダーシップを貫けない安倍総理は情けない
              0

                JUGEMテーマ:ニュース

                 この日は午前から栄方面で三件ほど建築関係の打ち合わせ。学園計画がらみなので、加計学園の成り行きには神経を尖らせているようです。菅官房長官が北朝鮮のように存在を否定し続けていた文書は再調査の結果あっさりとたくさん見つかり、内閣府からの圧力は明白になったわけですが、総理は最後の砦といわんばかりの対応で、かたくなに総理の意向の存在を否定し続けています。

                 

                 なんで総理の強力なリーダーシップの下文科省の岩盤規制に風穴を開けたのだと胸を張って言えないのですかね?かえってお友達を優遇したのだとか、さらに何らかの便宜供与が存在するのではないかと疑惑を招いてしまいます。

                 

                 森友学園の時もそうですが、夫妻で応援していたのにマスコミが取り上げだすと手のひらを返したように自らの保身に走るのは人として情けなくないですか。

                 

                 まあ籠池さんは相当に変な人のようではあります。前川前事務次官は一生懸命伝家の宝刀の悪質な印象操作をやってもびくともしないみたいですが。

                 

                 チャーチルや吉田茂だったらコップの水を記者にかけてもリーダーシップを発揮したと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                | ルールについて考える | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                祝・藤井四段28連勝、まだまだ人類にも伸びしろはある。
                0

                  JUGEMテーマ:趣味

                  JUGEMテーマ:ニュース

                   ここのところ毎日のように将棋の話題がテレビに出るのはファンとしては喜ばしい限り、火曜のヒフミン引退につづいて、水曜は注目の14歳藤井聡太四段が30年前の神谷八段の大記録28連勝に並ぶかということで、朝からどのチャンネルでもこのニュースが流れてました。相手の澤田真吾六段は三重県鈴鹿の出身ということで応援している棋士の一人ですが、コメントでは今日私は悪人になります。どうぞ日本中の皆さんは藤井四段を応援してください。とのこと。これはある意味勝利宣言かな?と思って聞いていました。前回藤井君に僥倖と言わしめた20勝目では千日手差し直しの後ぎりぎりまで追い込む155手の死闘を演じて手ごたえはあったのだと思います。

                   

                   ずばり勝算はと聞かれて、100パーセントと言いたいところですが、まあ50%と自重していましたが、ここで謙遜してどうする。ここは盛り上げるためにもズバリ100%と言ってほしかったですが、彼も平常心で臨みたかったのでしょう。

                   

                   でこの日は朝から雨で造形大の日なんですが最近は敬老パスの関係でゆとりーとラインを有効活用しています。そのバスの中で携帯中継をチェック。帰りのバスの中でもずっとチェック。途中のサイゼリアでもチェック。夜NIMRAだったのでつなぎで最近ネットでクーポンを手に入れた名駅の自遊空間でVR体験だったのですが、そこでもチェック。

                   

                   澤田六段が角を打ち込んで攻め立てたあたりではこれはひょっとして?と思ったのですが、これはちょっとそっぽだったようで、藤井君が機敏に反攻に転じてからは早かった。おかげで投了の瞬間は見落としました。

                   

                   28連勝達成は一斉にニュース速報はでるわ、号外は出るわの大騒ぎ。普段将棋など見向きもしていない人たちも巻き込んだフィーバーになっているようです。

                   

                   この藤井君の強さの秘密ですが、Yahooではもともとの詰将棋の天才的な読みの力に加えて、序盤中盤をAIを使って徹底的に研究した結果だと分析しています。たしかにあの強さはAIを思わせるものがあります。

                   

                   もはや人間の棋譜を並べても意味がないと言ってもっぱらAIの評価値を研究に使い始めたのは千田翔太六段が草分け的存在で、彼はその方法を公開しているのですが、藤井君はそういう意味では千田スクールなのかもしれません。その千田六段もNHK杯戦で当たって藤井君に13勝目を献上。これはしっかり見ましたが、意識しすぎてちょっと平常心を欠いたような展開でした。藤井君の恐ろしいところはとても14歳とは思えないその落ち着き。そつのないコメントもたいしたものです。

                   

                   暗算の名人は頭の中にソロバンを置いて計算すると言いますが、人間の脳は道具をシミュレートするという能力を持っています。プロの将棋指しも頭の中に版と駒を配置してめくら将棋などと言うことができる。一時期将棋界を席巻した羽生さんたちの世代は棋譜のデータベースと言うのが整備されてコンピューターを研究に使うのは当たり前になった最初の世代でした。

                   

                   そういう意味では藤井君などは頭の中にAIを置いてシミュレートしているのかもしれない。まさしくAIが人間より明らかに強くなった時代の申し子と言えそうです。藤井君フィーバーの陰で佐藤名人の初防衛や、その名人の最後の電王戦対AI戦惨敗もほとんどかすんでしまいました。

                   

                   ひふみんは藤井君はまだこれから5連勝や10連勝はすると言っているので、いったい藤井君を止めるのはだれだと言われます。次に目指すのは双葉山の69連勝か?

                   

                   でも案外次に当たるもう一人の10代棋士増田君かもしれない。(元祖藤井システムを考えた藤井猛九段には申し訳ないですが)これから藤井時代がやってくるという予測も出ていますが、藤井世代というような一群の新しい棋士たちが登場する気がします。ちょうど羽生世代のように。その走りが千田さんかもしれない。

                   

                   AIが人間の仕事を奪うという予測はたくさん出ていますが、人類のほうが逆にAIに教わって進化する伸びしろもあるのではないか。あたらしいAI時代のありようと人間の可能性。そこに藤井君は気づかせてくれた気がします。

                   

                   

                  | ボードゲーム | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  加藤一二三九段引退
                  0

                    JUGEMテーマ:趣味

                     

                     この日は加藤一二三九段の引退がありました。投了前に席をはずして気持ちを整えたようですが、対局後に感想戦もインタビューも行わずに帰ってしまい、将棋連盟が異例のお詫びをするとか最後までひふみんらしい引き際でした。最後に見苦しいところは見せられなかったのかと思うと万感胸に迫るものがあります。お疲れ様でした。ツィッターではその後幸せな棋士生活でしたとの投稿があったようですが。

                     

                     ここのところ、ひふみんの持つ最年少プロ棋士の記録を62年ぶりに破った藤井聡太君がらみでメディア露出も多かったのですが、まさにその連勝スタートの相手がひふみんでした。公式戦史上最大歳の差対局だったわけですが、だれが仕組んだんでしょう。たまたまだったらまさに奇跡。将棋界のレジェンドのバトンタッチという感がありました。

                     

                     考えてみれば藤井君が加藤九段の歳まで指し続けると2080年になるわけですね。AIがもたらすと考えられるドラスティクな変化を考えるとどんな世界になっているのか想像も着きません。

                     

                     

                    | ボードゲーム | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    加計学園問題調査は北朝鮮の拉致問題調査とそっくり
                    0

                       国連からいろいろ日本の諸問題を指摘されているようですが、まだまだ日本は権力構造が東アジアスタイルの国なんですね。

                      アメリカはロシアンゲートでトランプを弾劾して正義と民主主義の範を示して欲しい。

                       

                      再調査をしぶしぶ認めた安倍さんは金王朝のやり方をしっかり学習したんですかね。

                      | ルールについて考える | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      << | 2/360PAGES | >>