CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 新年あけましておめでとうございます。 | main | 事務所の賀状です。 >>
今年の帰省ラッシュは行きは良いよぃ帰りは怖かった。
0

     一応後日報告というか忘備録なんですが、今回の帰省往路は12/29日で、夜中に自宅でタイマーで100%普通充電したのですが、親戚系の年賀状を出してから行ったので出発は15時前。事務所によってからだとわずかの違いで高針インターから名古屋高速になります。順調に走ったのですが、亀山SAを過ぎたあたりからバッテリー残量の警告が出始めます。

     予定通り順番待ちもなく安濃SAで充電した時には残り15パーセントくらい。んで、高速で温まったおかげか30分で84%まで充電して伊勢西で降りたころには日もすっかり暮れかけ、宮後の実家についたときには残り10パーセントくらいでした。

     翌朝小俣の妻の実家に届け物がてら、第三銀行小俣支店で急速充電。ここは50KWhと日産より強力なんですが寒いと70%くらいしか入りません。

     でなんだかんだ年末年始小俣と宮後とお墓やスーパーを往復してバッテリーを使い果たし年明け4日に小俣で急速充電を遠慮がちに2回連続50分。84%でまた午後3時前にスタート。

     玉城インターから伊勢道に乗るつもりがなぜか県道で松阪に向かう羽目になり、近鉄道路から中勢バイパスに入りました。津から伊勢道に乗ったのですが、下道も含めて帰省ラッシュの復路ピーク大渋滞。

     昨年新名神が全面開通して伊勢道の慢性的渋滞はきれいに解消したんとちゃうんかい、と女房とぶつぶつ。

     幸い津インターまで下道で近道だったのでバッテリーはまだ半分近く残っていて、電気自動車渋滞には強いのでこのまま御在所まででも大丈夫だったのですが、習慣で安濃SAに並んではいると奇跡的に充電器が空いている。で48パーセントから入れてもやっぱり84%。その後も断続的に渋滞は続き名古屋についたのは6時半くらい。例によってバッテリー残量は12パーセントでした。

     

     昨年末たびホーダイZESP2が打ち切りという衝撃のニュースが入って、ネットでいろいろチェックするとこのリーフを買い替えると月額2000円で急速充電入れ放題が消えてしまうので、簡単に買い替えるわけにはいかなくなり、ゆくゆくはバッテリー交換も視野に入ってきたわけです。

     

     でも帰りに安濃SAから72%で87kmくらい走っているということは、まだフル充電で120km以上は走る力があるということで、とりあえずはまだ大丈夫そうです。2013年初年度登録ですが、まだ33000Kmしか走ってないのに、もう9セグというのははずれなのか? 今年の2月に車検ですが、ZESP2の契約満了までまだ3年あるしなぁ。それまでにはまた世の状況が変わっているかもしれません。

     

     そもそもこんなに電気自動車で充電し放題とかインフラ整備に日産が大盤振る舞いをしたのはひとえにゴーン前会長の指導力の賜物だとか。これまでのリーフユーザーはレバノンに足を向けて寝られません。

     

     

     

    JUGEMテーマ:車/バイク

    | 電気自動車 | 23:57 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする