CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 二文字立体 賀正、亥年、平成、最後 | main | ピアノハウス「音の庭」オープニングでさよなら平成(さよなら66歳)ライブをやりました。 >>
ダブルブッキング法事と仏説阿弥陀経
0

     この日は妻と午後から四日市。幸子おばの三回忌です。

    ところが寺の不手際でダブルブッキング。合同法事となりました。

    まあ伊勢神宮の神楽みたいなものかとのこと。

    昨年の一回忌の時は休憩をはさむ長い講和だったのですが、今回は約一時間で最後は仏説阿弥陀経を全員で唱えておしまい。

    槇原敬之の世界に一つだけの花は仏説阿弥陀経からヒントを得て作られたとのことです。お経よりずっと影響力大ですね。

    現代語訳を探すとこちら。ひたすら理想世界を説いているという感じです。

     

     たとえば西洋なら、ギリシャ哲学に西洋思想の始まりがあるわけですが、みんなでソクラテスやアリストテレスの著作を唱和するとか聞いたことがありません。イスラム教やキリスト教では経典を唱えるわけですが、そこが科学と宗教の違いなのか、などと思いました。そのあと駅の中華料理店で新年会第二弾といったところ。献杯ではなく乾杯だったような・・・・。

     

     

     

    | - | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1236319
    トラックバック