CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 平成立体 | main | いろいろあった平成30年。大変お世話になりました。 >>
冬のリーフは落ち葉寸前?
0

     この日はまた朝三時ごろ起きていろいろお仕事。

     昨晩家の普通充電200Vでリーフの充電タイマーをセットして寝たのですが、見るともう終わっている。一時スタートだったのでちょっと変、ということで覗いてみるとなぜかロングライフモードで80%で終わってました。充電スタートが73%くらいだったのでそりゃ終わるわな。ロングライフ充電オフにしたつもりでもタイマー側でも二重に設定されているので注意が必要です。

     で六時過ぎには100%充電完了だったのですが、朝から天白局まで年賀状出しに行ったり事務所で本日打ち合わせの図面をプリントしたりで、戻った時には89%まで落ちてました。

     

     その後荷物の積み込みやら車の清掃の間再度充電したのですが、出発時は93%までしか回復しませんでした。妻とポンズとの伊勢行きですが、真冬にこのリーフで戻るのは初めて。まあ安濃SAの急速充電器まではたどり着けるだろうと高をくくったところ、さすが年末帰省ラッシユで東名阪は湾岸道合流前から大渋滞。渋滞には強いリーフですが安濃についたところではすでにバッテリー残量低下が点滅。残り20kmと表示されてました。幸い先客はなくてすぐに充電開始できたのですが、トイレから戻ると横に白の新型リーフが停まってました。危ないところで30分待ち回避。

     津インターで降りて最近よくなった23号線バイパスからスムーズに42号線に乗って午後一時前には駅部田のカフェハチの巣につきました。難読地名「まえのへた」ちゃんとうちのパソコン学習してますね。ちなみに出発は9時半くらいだったので、充電30分込みで三時間強かかっています。

     

     で遅れがちな新聞販売店の設計の打ち合わせ。いよいよ本格化です。

     

     で県道最短距離コースで小俣の妻の実家に寄って、いつものように近くの第三銀行でまた充電。この時35%くらい残っていたのですが、高速でバッテリーが温まっていたおかげか83%くらいまで戻りクルーズコントロールで低電費運転をつづけたおかげか久しぶりに急速充電で走行可能距離100kmを超えました。安濃SAではたしか15%から75%くらいまでで、可能距離は93kmだったと思います。

     

     宮後の実家に四時すぎにはたどり着き、夜は三人で開福亭に出かけて帰って早めに寝ました。

     

     いろいろネットで調べてリーフは冬がつらいと聞いていたので、少しでも太陽熱利用が出来そうな黒をえらんだのは正解か?ポンズがどうもパワーウィンドウを勝手に開けるのを学習したようで、暖房は非効率でシートヒーターのみで走りましたが、これがなかなか快適。

     

     でもフル充電して天白から安濃SAまでたどり着けなくなると問題です。中古のリーフが枯れ葉から落ち葉に変わる?

    買って最初のゴールデンウィークにクルーズコントロールもなにもわからずやみくもに走っても多気SAまではたどり着けたのに。下道なら充電なしで伊勢までたどり着けたのに。

     

     

    | 環境問題 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1236310
    トラックバック