CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 日曜ですが「卒業」を見ました。 | main | 名大NIC館に行きました。 >>
過剰な安全基準は社会の損失
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     寒波が一応去りましたが、確かにこんなに寒いとトランプさんみたいに温暖化はでっち上げだと言いたくなります。なんか危機をでっちあげてビジネスを図るのを、あたけは広義の霊感商法だと言っていますが、温暖化をでっちあげて儲かるのは原発とクリーンエネルギー?

     

     今日は豊洲新市場の環境調査結果が一気に数倍悪くなって、新市場への移転そのものの見直しも言われ始めています。その場合東京都の損失は一兆円とか。

     

     コメンテーターの方でこれは飲料水の基準で、市場の地下水を飲むわけではないので、移転には問題ないと言ってましたが、勇気ある、そして良識的な発言だと思いました。政治家はすぐこういう場合行政に大損害を与えても票が取れるのはどちらかかで判断しますが、それで税金の無駄づかいされては納税者としてはたまったものではない。有権者が賢くならないと。

     

     放射線の安全基準が最たるものだと思っていますが、安全基準はいくら厳しくても厳しすぎることは無い。なんていうとすぐ非科学的な拍手をあびて票になるわけで、その結果霊感商法は儲かるかもしれないけれど、社会全体としては莫大な損害を生みます。そんなこと言ったら飛行機なんて絶対に空を飛べない。

     

     ここのところ鳥インフルエンザさわぎも大きくて、岐阜県の養鶏場では何万羽も殺処分したり、東山動物園も長期休園して鳥の殺処分をしたわけですが、鳥インフルエンザが人間の新型インフルエンザに変異するというのは単なる学説で、かつてそんなことが起きた証拠はないわけです。第一次大戦を終わらせたスペイン風邪などがそうだというわけですが。

     

     これもそういう危機感を作り出すと儲かることに味を占めた方々が居そう。地震予知などもそうですが。

     

     軍備もそうか。

     

     正しいリスク評価で、社会全体の損失を最小にするルール作りというのが必要だと言っているのですが、それにはAIの登場を待たないといけないのか・・・。

     

     関係ないですが午後妻と不動産屋に行きました。

     

    | ルールについて考える | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1236288
    トラックバック