CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 天皇陛下生前退位のご希望表明について | main | 伊藤真司わがままコンサートに行きました。 >>
工事完了届を出しました。
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

     実はこの前日名城大に行きました。成績点けに必要な資料の一部がまだ非常勤講師室のロッカーにあることに気が付いたからですが、名城大はすでにお盆休みで、正面からは入れなくなっていました。そこはまあ地下からのルートを通って無事たどり着き、講師室の電子開錠のキーも覚えていたので事なきを得ました。ついでに課題て提出で遅れて出した学生が居ないかサーバーをチェック。すべてを元に戻して無事退出。なんだか森博嗣の小説の主人公になったような気分でした。

     

     でその時携帯で施工者にせっつかれてしまったのでこの日は岐阜の完了検査の申請に確認サービスに行きました。いわゆる工事完了届です。実はこういうのにいちいち施主の印が要るので、普通はいわゆる三文判。今や100円ショップで売っているので100円判をクライアントの了解を得て使っているのですが、変わった苗字だと無い。クライアントに印をもらって送ってもらう時間もない。

     

     ということでハタと電子印鑑のソフトがあることを思い出しました。有料でダウンロードしたまま放置してあったので、インストールの際のIDを探すが一苦労。でも無事使うことが出来ました。こりゃ便利。

     

     でもハタと法的に問題がないのか気になりました。法律はそもそもこういう電子印鑑などというものがない時代にできているので、企業などが内規で電子印鑑不可などと定めていない限り問題ないようです。実印でない認め印というのはまあ形式だけの場合が多い。

     

     ただ、相手の意に染まない文書に押印してトラブった場合は有印私文書偽造に問われたりするので、注意が要るかもしれません。

     

     印鑑廃止はいろんなところで言われていますが、逆にクライアントのサインが要るとなったら設計事務所は困ってしまいそう。

     

    評価:
    ---
    シャチハタ
    ¥ 1,580
    ()
    コメント: こういうのが普及すると、だんだん印鑑そのものがなくなるのかな。シャチハタ不可というのはよくありますが。

    | ルールについて考える | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1236232
    トラックバック