CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< NHK杯先崎藤倉戦は先崎九段の貫録勝ち? | main | 名鉄春日井駅は改称すべき。 >>
がんばれ舛添。どっちにしても未来はない。
0
    JUGEMテーマ:ニュース

     今日は朝から一日名城大の日。梅雨だというのにここのところ雨は週に二日程度。今日も曇り時々晴れで、自転車で行けるのは良いことですが、ポンチョの出番がありません。首都圏では水不足の様相を呈してきて取水制限も始まりました。これから集中豪雨だとバランスが取れるのですが。

     スケッチアップは井本先生のおかげであたけも随分スキルアップした感じです。でも教えてみるといろいろと落とし穴の多いソフトではあります。

     ここのところもう顔を見たくもないのにテレビを点ければ出てくるのが舛添都知事。今日都議会ではついに自民党までが不信任案提出に踏み切る方針を固めたそうで、ちょっと空気読みすぎの気もします。都庁では電話がつながりにくくなっていて業務に支障をきたしているようです。

     都議会議長が不信任案のまえに自ら辞職することを勧めたらしいですが、泣いて固辞したとか。選挙の日程的にも、どうかリオ五輪後まで待ってくれと懇願しているようです。なんとしてもブラジルで五輪旗を受け取りたい。対するブラジルの政権も大変みたいですが。

     舛添さんは、多勢に無勢、孤立無縁、四面楚歌、八方塞がりで、なんだかんだ言ってこの状況で粘り続けられるメンタルに感心してしまいます。当然こんなことばかり議会でやっていては都政は停滞しているはずで、待機児童の母などはますます日本死ね、東京死ね、と言っていることでしょう。

     都知事なんてのは単なる名誉職で、リーダーシップなどなくてもみんながお膳立てして盛り立ててくれるので、誰がやってもいいようなもんなんでしょうか。都庁になんかほとんど来ないで、自宅で田中角栄の小説書いてた都知事もいますし。

     よってたかって舛添おろしに走っている都議の方がたも、創造性に欠けるというか、うんざりしてしまいます。

     こちら都民ではないので、野次馬的に見るなら、舛添負けるな、と言いたくなります。こうなったら議会の解散でもなんでもやってバカバカしさの上塗りをやっていただきたい。やけくそで自民党の参議院選挙にも大きな損害を与えていただきたい。

     どっちみちもうあんたに未来はない。

     さて明日はどういうニュースになるのでしょう。多分都議会解散にはならないんでしょうね。

     ふと思ったのですが、村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」に出てくるワタヤノボルのモデルって舛添さんではないですかね。
     
    | ルールについて考える | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1236175
    トラックバック