CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 北朝鮮の事実上の弾道ミサイル、ちょっと騒ぎ過ぎでは。 | main | 結束バンドで準正多面体を作りました。 >>
交通安全のためにドッジボールも必要では?
0
    JUGEMテーマ:ニュース

     毎月10日はいろいろ支払日ですが、このごろはコンビニで片付くことが増えました。

     自転車で八事方面から自宅に戻るのに細い一方通行の道をよく使います。ここは一番登らずに済む道なんですが、八事善光寺の横に最高点があり善光寺峠と勝手に呼んでいるのですが、たいした峠ではありません。ただよく整備された自転車だと、ここを越えると全く漕がずに家までたどり着けます。峠のポテンシャルエネルギーを運動エネルギーに変えて、それをまたまたポテンシャルエネルギーに変えてかろうじて乗り切れる。家には三台自転車があるのですがタイヤの空気が足りなかったりという転がり抵抗のチェックに使えます。

     で峠を過ぎたらなるべくブレーキをかけたくないわけですが、あいにくここは通学路通勤路で歩行者が多く、そういう時間帯にぶつかるとなかなかそう言うわけにも行きません。でやはり思うのは大人に比べて小学生は、高学年でさえ注意力が散漫で、敏捷性も乏しく危なかしい。

     ニュースで読んだのですが、最近小学校ではいじめにつながるとかで、ドッジボールをやらなくなっているそうです。受けて投げ返す能力がない子が最後に残されると周りからの集中攻撃で逃げ惑うばかりになって可哀想というわけです。記憶の中であたけはけっこうそういう目にあった気がします。

     でも敏捷性とか注意力とか動体視力とか交通安全に必要な能力を養うのにこれほどよいゲームもないわけで、そういう観点から見直されるべきではないですかね。いじめが深刻化するのは小学校よりも中学なわけで・・・・。
     
    | ルールについて考える | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1236048
    トラックバック