CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 飛ぶ力学。コンピューター時代の名人芸とは? | main | 小惑星1999KW4に名前を >>
中国拡大路線はかつての軍国日本。21世紀は中国の世紀?
0
    JUGEMテーマ:ニュース
      今日は寒い日で、ほぼ一日執務室。いろいろと進めないといけないことはあるのですが、刻下の課題をどうにかしないと前に進めない状況です。

     通常国会は佳境に入ってきていますが、やはり自民党が与党で民主党が野党のほうがさまになっている気がします。

     目下の話題はやはり中国問題。PM2.5といわれる大気汚染が日本にまで来ている問題もありますが、それよりなにより自衛隊の護衛艦やヘリコプターに人民解放軍のフリゲート艦がレーダーでロックオンしたことが分かって問題になっています。米軍交戦規定ならすでに戦闘状態で反撃する状況だそうです。

     この日本側の報道に対して、中国は日本の捏造で、中国の顔に泥を塗る謀略だというような報道をしてきましたが、今日調査した結果そのような事実はない。と発表して、日本側としても、それは受け入れられないと外務省を通じて言ったとか。

     この場合、それは受け入れられない、というのも変な対応ですね。そちらこそ事実を捻じ曲げているというべきではないかと思います。でもなんだか子供のけんかじみてきました。

     この明らかに事実と違うことを平気で言い張る。というのは戦前の日本が中国侵略のためにしばしば使った方法で、そのためにリットン調査団というのが派遣されて、満州国独立という日本の虚構を暴いたために、国際連盟を脱退し、戦争への路を突き進んで行ったのでした。

     その途上で、日本はアメリカ、ブリテン、チャイナ、ダッチというABCD包囲網が出来て、経済封鎖で戦争に追いやられていくわけですが、今の中国はこれに似た道を突き進んでいる?

     中国と国境を接している国はいまや中国の領土拡大路線にさらされていて、フィリピン、ベトナム、インド、カンボジアなど。当然対中国包囲網といった感じになってきます。

     中国が彼らが蛇蝎のごとく忌み嫌う軍国日本に似てきている、といったら彼らは何と言うのでしょうか。

     20世紀は日本の世紀だったといいます。それまで欧米列強が世界の後進国を植民地にして搾取してきた中で、真っ先に後進国から先進国に追いついて列強の仲間入りをしたのが日本で、その存在自体が世界の秩序を乱すものだったために軋轢を生みました。後進国にはわれわれも頑張れば日本みたいになれるという希望の星だったわけですが、調子に乗りすぎて破滅への道をひた走ります。あるいは出る杭が打たれたのかもしれません。これが20世紀の前半の歴史。

     20世紀も後半になると、戦後いち早く復興をとげた日本は、今度は軍事力ではなく経済力で世界二位になり、経済大国を築きます。しかしそれもバブル崩壊と失われた10年で20世紀を終えるわけです。

     そして21世紀今度は本当の東洋の大国中国が共産党一党独裁の指導の下、日本を経済世界二位から追い落とし、存在感を増してきました。21世紀のセンターポジションは私だと言わんばかりに。

     21世紀は20世紀より少し賢くなった人類史が展開されると思っているのですが。

    | 世界平和 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1234932
    トラックバック
    インド「日本が中国嫌うのもわかるけど、うちは包囲網とか遠慮しとくわ」
    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/21(木) 21:56:57.70 ID:ObJMCcsn0 ?2BP(3535)インド外相:「中国包囲網」構築に否定的【ニューデリー杉尾直哉】インドのサルマン・クルシード外...
    | 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版 | 2013/03/22 3:04 AM |