CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< むしろ30年後の日本は火力発電を0にすべきでは。 | main | コンピューターは本来的に未来予測機械。 >>
やさしくなりたい。
0
     台風17号接近中ですが、午前中ソフトバンク。ようやく息子の携帯を解約しました。
    解約前に溜まっていたポイントを使ったほうがいいということで、あわただしくピクチャーフレームかなんかにしましたがなんか損をした気もします。おかげでNHK杯戦屋敷野月戦のいいところを見逃しました。

     さて、ここのところのマイブームなんですが、これ。


     かなり遅れているかもしれませんが、「家政婦のミタ」のテーマソングだったようです。あえて美人のおねえさんのカバーにしてみました。

     実は10/14日の伊勢高同窓会中部支部でピアノを弾く予定が入っていて、これをコピーしようとしています。
    ご本家の斉藤和義のものはギターのオスティナートというのか細かいフレーズが印象的であれをピアノでやれないかと思ってみたり。そろそろフルキーボードを出さないといけません。

    でもあれ弾きながら歌っているわけではないですよね。だとすると超人的です。

     斉藤和義ってよく知らなかったのですが、ひらけポンキッキーズの「歩いて帰ろう」の人だったのですね。あれもいい曲でした。メロディーラインと詞のセンスがいいのは共通しています。

     

     やさしくなりたい、はおなじようなメロディーがだんだん変化していって、AメロBメロサビといった曲のつくりとはちょっとちがうところがいい。こういうつくりは山下達郎のライドオンタイムあたりがはじまりですかね。それともビートルズになんかありましたかね。

     さて斉藤和義さんもよく見るとだんだん50歳に近づいているようで、以前名古屋造形大のライブで聞いた浦添なおきさんなんかとおなじで、還暦までは青春だぜ。という気がします。
    JUGEMテーマ:音楽


    | 音楽 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1234797
    トラックバック