CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 地震の被害予測は、最大値だけではなく、最頻値や分布も発表すべき。 | main | ISEYAMA OFFICE PROJECT 内覧会に行きました。 >>
阿竹研究所の展開防災テントはこれだ!
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
    JUGEMテーマ:ビジネス
     今日は防災の日。朝から野田総理が関東地震を想定した非常事態宣言を出していました。各地で防災訓練がされているようです。

     阿竹研究所の展開構造の用途に当然防災機器があるわけですが、以前紹介した災害備蓄艇と防災テントを収めたコンテナ防災倉庫も旭サービスから出ています。

      http://www.asahi-service.jp/container/remodel.html
     
     これも倉庫と名づけると、建築基準法に引っかかって設置できないのだそうですが、こういう国民の生命と安全を損なうような建築基準法の解釈は厳に慎むべきだと思います。
     
     中国では愛国無罪というそうですが、国民の安全を促進する行為は安全無罪と呼ばれるべきかも知れません。でもそういって一部過激な反原発の方々が不法行為を行うとまずいかも。
     
     さてこの防災テントですが、小川テント蠅弊社のライセンスを得て制作したものですが、防衛省の正式採用が決まった直後に倒産してしまいました。

     受注分は製作会社のオガワテクノが替わって納入しましたが、その後追加生産したと言う話は聞きません。今まで一種の国防機密かなということで、公表を差し控えてきましたが、守秘義務契約先が無くなって少し経つので、防災の日を機会に公表します。手元には試作段階の写真しかありませんが。

    防災テント外観

     中は

    防災テント内観

    テントをつけたままで傘のように閉じられます。

    防災テント閉じたところ

     開くときは五人居れば五分もかからず開けられます。使用時には内幕を張って二重膜にしたり、出入りの風除室も付きます。

     骨組みは新幹線用の高強度アルミ材で、テントを含めてもアップライトピアノくらいの重さです。
    防衛省基準の強風と積雪にも耐えられるよう構造計算されています。
     
     ざっと6m×8m、50屬らいの大きさで、とりあえず六床の緊急時の展開病棟として製作されたものです。残念ながら正式発注が東北大震災の直前だったために、間に合いませんでした。 

     価格はクラウン一台くらいだそうで、ヒンジ部分をNC加工で製作したために高くなっていますが、その部分をエンジニアリングプラスティックで再設計すればうんと安くなるはずです。

     農業用ビニールハウスに使えないかということで、亜鉛メッキ鋼管で再設計したものがあり、ちょっと重くなりますがこのサイズでも50万円程度で出来ることが分かっています。

     契約先の小川テントはなくなってしまったので、どこか防災備蓄用の展開ボートも含めて実施してくれる企業を探しています。

    http://atake-i.jugem.jp/?search=%C5%B8%B3%AB%A5%DC%A1%BC%A5%C8


     名大減災連携研究センターも関心を示していただいていて、近々打ち合わせの予定ですが。
    | 展開構造 | 13:31 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    秩序って何でしょうか。
    結晶でもアモルファスでもない、準結晶というものがあるのだそうです。
    | かみや | 2012/09/01 11:41 PM |
     かみやさん準結晶については形の科学会で何度も聞いてましたが、今回wikiで見てみてやっと分かりました。
     アモルファスは結晶ではないガラスのようなどろどろのものが無秩序に固まったものですが、準結晶はしっかり原子同士が結合しているにもかかわらず結晶構造に周期性を持たない物質なんですね。
     これにはペンローズタイリングと呼ばれる非周期的なタイリングが関係していて、五角形やその対角線の比の黄金比が深くかかわっています。
     非周期的であることを無秩序と呼ぶべきか、というと無秩序とは呼べないと思います。
     ただある種の合金はむしろ高強度の金属なのに事実上の絶縁体になるとか、考えられない性質があるようですね。
    | atake | 2012/09/02 3:20 PM |
    こんなのがありました。東北大のサイエンスカフェの映像です。
    http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7+%E6%BA%96%E7%B5%90%E6%99%B6&ei=UTF-8&rkf=1

    こちらは、記事から。
    http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1097/20120711_01.htm#


    X線の回折パターンは出るけど、従来の結晶のものとはまったく異なるようです。
    | かみや | 2012/09/05 1:09 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1234766
    トラックバック