CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< いにしえの伊勢の阿竹の渡し | main | 日本は地震や台風だけでなく放射線でも災害先進国になろう。 >>
これが阿竹式展開ハウスだ
0
    JUGEMテーマ:ビジネス


    JUGEMテーマ:アート・デザイン


     今日名古屋は早くも台風12号の影響でときおり強い風と雨が混じる天気。午後痛風の薬をもらいに田森整形に行きました。

     さて今朝になって、民主党代表戦ばかり気にしていて、大事な戦いを見落としていたことに気がつきました。王位戦第六局。あわてて見てみると羽生さんの勝ちで、第七局にもつれこんでいました。とりあえずほっとしたところです。

     今は羽生二冠と久保二冠なので羽生さんにはまだまだ将棋界第一人者でいて欲しい、広瀬さんには悪いけどぜひ王位に返り咲いて羽生三冠にと思っているのですが、かつて絶大な強さを誇った最終局ですが、あの竜王戦以降勝率が落ちているのが気がかりです。

     今日で八月も終わり。子供たちの自由研究で親が悩んでいたころが懐かしい。

     この夏の弊社の宿題はまだ終わってないのですが、この農業用ハウスです。ようやく製作してくれそうなところは見つかって、ぜひ作りたいと言う方も現れてあと一歩というところなんですが。

     先日あたけぼねを使って機構モデルを作ったのでその動画です。
    アタケハウス動作原理

     ジュゲムに移行してかつてのロリポブログ時代の画像100KB以下という制限がさりげなくなくなったので大きな動画を載せてみました。

     この図面はこちら。ベクターワークスで展開構造設計支援スクリプトを自作しています。

    アタケハウス組み上り図

     ざっと30平米弱、16畳くらいの面積のハウスで、インチパイプという亜鉛メッキ鋼管を使っています。構造体の自重は100kg程度。ピアノの半分くらいです。

     ハウス型の展開構造はこれまでも試作してきましたが、このタイプはシザーズが展開するにしたがってプレースのように面内に近づいて剛性を高める改良型です。きっとなんのことかわからんと思いますが。

     普通のハウスは骨組みを組み立ててビニペットというビニールの取り付けようのガイドレールにそって高所作業でビニールを張るのですが、これは冬場の欲しいときだけ広げられるというコンセプトで、ハウスをたたんで耕運機を入れてまたかぶせるといったこともできます。

     問題はそれだけ丈夫な膜を使うので多少太陽光線の透過率が下がることが予想されます。
    ビニペットで施工するのだとメリットが大きく損なわれるのですが、それもアリかもしれません。

     現在もっと複雑なこの倍くらいのサイズのものと両方試作予定ですが、価格はたくさん作れば作るほど安くなる。生産拠点を海外に移して、大量に途上国支援をするなら多分一棟10万円程度でもできると踏んでいます。逆にひょっとすると半分くらいのサイズのほうが需要があるかもしれません。そうなるとパイプももっと落とせるので軽く安くできます。

     まあ途上国は暑い国が多いので、農業ハウスというより、人が住むハウスですね。

     ボートといい、ハウスといい、スポンサーさえいれば量産ベースに乗せられるのですが、真剣に顧客やスポンサーの獲得の努力をしていない、しいては世の役に立つ努力をしていないなあと思います。

     常にスポンサー、クライアント、代理店募集中です。

     よろしくお願い申し上げます。
     
     メールアドレスは atake@atake-i.com  です。

    | 展開構造 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1234376
    トラックバック