CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 続・上原美優さんの自殺と、人は国家なり。 | main | 名人戦第四局ようやく羽生名人一勝 >>
コンピュータ将棋選手権ボンクラーズ優勝
0
    JUGEMテーマ:コンピュータ


     今日はお昼から東三河方面で打ち合わせ。おかげさまで段取りよく密度の濃い仕事ができました。

     昨日の伊勢高同窓会の幹事会はけっこう人数が膨れ上がり、乾杯のあと「しがない」自己紹介と議決事項もそこそこに格安飲み放題の飲み会となりました。名鉄グランドホテル最上階(18階)のアイリスという店ですが、名古屋の夜景がきれいです。

     最近はフェースブック旋風が吹き荒れていて、お友達の半数以上は伊勢高関係になってしまいました。いろいろうちのブログの読者もいて、実はホルミシス仮説を振り回し始めてからアクセス数が激減というか半減しているというと、正義感振り回しても世の中動かないですよとのご意見もいただきました。

     ひょっとして炎上するかと思ったのですが、ここのところコメントもつかなくなりました。難しい話題なんでしょう。

     そんななかで、システムエンジニアの西川洋さんが、先日のコンピューター選手権のボンクラーズの話題を紹介してくれました。今日探してみると、これだな。

     http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20110515/p1

     ボナンザを押えて優勝したソフトなんですが、その直接対決が機械とはおもえないほど人間臭いということです。

     今NHK将棋講座ではチョイワル将棋逆転術とかいうのを山崎隆之七段が展開しているのですが、それを連想させる逆転劇です。優勢を意識したほうが、安全勝ちしようとして受けに回り、勝負手に強く対応すれば勝てた将棋を負けてしまうのはよくある話なんですが、コンピューターも優勢を意識するんですかね。

     この「俺の邪悪なメモ」というのは有名なブログらしいですが、コンピュータ将棋の歴史などなかなか充実した内容を面白く紹介しています。

     でここの元の棋譜があるサイトを見ると
    http://homepage.mac.com/junichi_takada/wcsc21/


    それ以外でもさまざまな棋譜が見られます。

    ボンクラーズの作者のブログへのリンクもあって、

    http://aleag.cocolog-nifty.com/
     

     これを見ると米長会長からボンクラーズという名前を変えてほしいと言われたそうです。将来プロ棋士と対局したりしたときボンクラにやられたというと権威も台無し。

     自分で考えるとまたおふざけのネーミングになりかねないと言って見えるので、ここは公募したらどうでしょう。

    ボンクレーズ、付け届けか。

    さて今日明日は名人戦第四局。羽生名人踏みとどまれるのでしょうか。
    | ボードゲーム | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1234265
    トラックバック