CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< やさしいベーシックインカム、富は誰のものか | main | ポスト鳩山は河村総理でいかがでしょう。 >>
ベーシックインカムは一寸法師、コンピュータも人間社会もリセットが必要。
0
     今日は晴れて夏日。わりと家族がそろっていたのですが、どこかに行こうと言っても、渋滞に巻き込まれるだけだと却下されました。子供も大学生ともなると近場に家族で、なんて考えられないみたいです。テレビでは上海万博のニュースが盛んに流れていますが、比べられるのは大阪万博ばかり、愛地球博はなかったかのようです。

     こんなサイトを見つけました。日中国際フェリー新鑑真。
     http://www.shinganjin.com/

     一万五千トンの結構な豪華客船みたいで上海大阪往復三万五千円でいけます。三千円で自転車も積んでいけるみたいです。

     さて、昨日につづいてノートパソコンを再セットアップしたわけですが、だいたいプリンタドライバーやら主要なソフトのインストールを終わりました。いろいろ救えなかったデータもありそうですが、新品の速さとディスク容量が戻りました。

     2006年秋モデルということで、長年使っていると、わけのわからないメッセージが出たり、立ち上がりがおそくなってきたりします。アプリケーションやドライバの削除を行っても消去されないDLLが溜まっていき、ディスク容量と実行速度を食いつぶしていきます。窓の手などというソフトでいじれるらしいですが、かえっておかしなことになることもあるようで、再セットアップするのが一番いいと先日つくも電気で教わりました。

     その際にまずリカバリディスクを作成してやるようにと手順もおそわったのに、よくわからず結局ハードディスクからの再セットアップになってしまい、かなり時間を食いました。でも完全に初期状態に戻った気がします。

     前に銀行の窓口で税金などの振り込みをやるとやたらと手続きが煩雑で時間がかかるのに、新しくでてきたコンビニだとバーコードを読んでピッピッとあっという間に終わってしまうと書いたことがあります。人間社会でも長く続けているとだんだんとわけのわからないルールやら手続きが蓄積して行き、無駄な時間とエネルギーを費やすようになっていくわけです。

     その点人の脳は優れています。今日もひととおりいろいろ練習したわけですけど、楽器の演奏でも一輪車でも、最初はおっかなびっくり、やたらとあちこち神経を使って時間をかけてできることが、慣れるとあっという間にできるようになります。脳内の神経回路が無駄な処理をどんどん削除して、ショートカットを作成し、エッセンスを取り出し、できることを拡大していくわけです。

     ベーシックインカムはそういう意味では、最も簡素な仕組みですべてを満たす洗練された社会システムだと考えられています。

     一寸法師は小さな体に大きな望みと歌われていますが、ベーシックインカムは小さな政府で大きな保障。社会保障も少子化対策も景気対策も小さな政府で実現できる。食うための犯罪がなくなるので警察や裁判所や刑務所も削減できるかもしれない。

     一般に小さな政府は、少ない規制で自由な競争を望むリバタリアン(市場原理主義者)の理想で、小泉改革もこれに沿ったものだったわけですが、そのお手本のアメリカではベーシックインカムの前段階ともいえる負の所得税が取り入れられています。これは収入が税金の控除額に達しない世帯にその差額を支給しようという制度です。自由な経済競争のためには負けても死なないシステム作りが必須で、それが所得保障(広義のベーシックインカム)だというわけです。

     既得権益やら分けのわからないルールやらを簡素化して社会の効率と競争力をアップするのに政権交代は絶好のチャンスだったわけですが、一度社会を再セットアップするという意味での「平成維新」が必要です。

     今日は憲法記念日、平和憲法を残しながらの改正も必要かもしれません。
    | ルールについて考える | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atake-i.com/trackback/1176153
    トラックバック