CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
松阪に行きました。
0

    JUGEMテーマ:旅行

     今日は朝から快速三重で松阪へ。新しいお仕事の調査です。

     

     

     久しぶりにレンタサイクルで行った松阪市役所ですが、耐震補強がトレリス化しています。

     

     

     梶井基次郎の小説になった松坂城。市役所のすぐ近くですが、時間がないので入り口だけ。

     

     

     

     これも市役所近くの旧参宮街道。伊勢市よりも古い景観が残っている気がします。

     

     少し行った右側に本居宣長邸跡の石碑があります。その建物自体は鈴乃屋として松坂城内に移設公開されているのですが、やはり時代の流れとしては元あった場所に戻して、このあたり全体を観光地化するべきではないでしょうか。

     

     現地調査と打ち合わせの後、フジヤギャラリーに初めて行きました。スマホがあるとすぐ検索できます。伊勢高の一年先輩のオーナーは名古屋で何度かお目にかかっているのですが、お元気そう。ただギャラリーはやる気をなくしていました。

     

     このあと伊勢に行って、実家で母の介護プランナーと打ち合わせ、夕食後名古屋に戻りました。

     

     

    | 伊勢 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    逆説の日本史2読了
    0
      評価:
      井沢 元彦
      小学館
      ¥ 710
      (1998-03-01)
      コメント: 井沢氏のオリジナルの説というより、さまざまな異説を紹介して落としどころはこの辺ということが多い。なかなか説得力がある。兄弟とするなら天智と天武の年齢が逆転しているのは知っていたが、そういうことだったのか・・・。

      JUGEMテーマ:読書

       

       さて実は妻の実家で迎えた二日の朝ですが、表記読了。昨年末から読んでいたので、一巻は伊勢高同窓会のあと二次会代わりに一日乗車券で新瑞橋と伝馬町のブックオフを回って酔った頭で大人買いした際に入っていた一冊です。一巻で目から鱗だったのは、任那日本府について。イギリスの王家が大陸出身だったように、実はここが天皇家の出身地だったのか・・・・。

       

       この二巻では、壬申の乱について天智と天武の関係が実の兄弟というのは確かにおかしい。天智の四人の娘をすべて弟の天武に妃として差し出しているのはいくら古代でもあり得ない。その天武が壬申の乱に勝った後この反乱の正当性を主張するために作った文書が古事記と日本書紀だとすると、日本史は根本から偽装されていることになります。それ以前の不都合な史書はことごとく葬り去られた?

       

        第一巻で言われているように宮内庁管轄の陵墓参考地はやはり学術調査のために公開されるべきです。他の方もさんざん言われていると思いますが。いまだに菊のカーテンの中です。

       

       今日は仕事始めで軽く午前中いろいろメールやら電話をしたのち、この三巻を探して自転車で新玉のブックオフに行ったのですが空振りでした。

       

       

       

      | 伊勢 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      新年あけましておめでとうございます。
      0

        JUGEMテーマ:旅行

         

         おけましておめでとうございます。

        と言っていいのか悪いのか。というのも昨年7月に父が他界したので、まだ喪中ということです。神宮関係者に聞くと丸一年とか。93歳のピンピンコロリなのでめでたい大往生なんですが。ともあれ本年もよろしくお願いいたします。

         

         で伊勢の実家に居ながら年越しの初詣もなしということで、紅白もハーフタイムショーまでみて早く寝ました。

         

         新年は一応朝からお雑煮で飲んで家族で外宮へ。初詣はなしですが、お札をおさめに参ります。

         

         

         一日の外宮前。表参道というと原宿みたいでイメージアップかも。正面にしっかりあたけがご神体だと言っている高倉山が見えます。

         

         

         少し話題になった日本で二店目のダンデライオンに行きました。これは喫茶部。価格は結構強気です。同じ棟のボン・ビヴァンはしっかり満席でした。

         

         

         お札を収めた後の神路通り。

         

         ということでこのあと妻の実家の小俣に移動しました。

         

         

         

        | 伊勢 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        厚生中学同窓会に参加しました。
        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

           この日はまた快速みえで朝から伊勢。伊勢市立厚生中学の同窓会に参加するためですが、母が一人になってしまったので、なるべく機会を作っては伊勢に帰るようにしています。

           

           であたけは小学校は厚生小学校ですが、中学は三重大附属中学なのでオブザーバー参加ということです。まあ小学校の同窓会みたいなもんだから来いと誘われました。ただ名札には三重中となっていてこれはちょっと誤解。三重中は野球で有名だった(過去形かい?)三重高の梅村学園系の私立で、附属中学略して附中は国立なんですが・・・。

           

           会は正午からということですが、小学校以来という半世紀ぶりの顔が多く、一気に爺さん婆さんになりました。

           

           

           会場は伊勢市駅裏のパールピアホテル。窓のすぐ外を宇治山田駅の高架に上がっていく近鉄特急が通り過ぎます。

           

           代表世話人の世古君のあいさつでは、昔話に花が咲くと認知症防止につながるとのことで、受けてました。

           

           

           これはなぜか女子ばかりの集合写真。真ん中の先生は音楽の先生とのことで、はじめて厚生中学の校歌を歌いました。あたけくんはかわいくておもしろかったということで、もてまくりましたがもう遅すぎる?

           

          話に花が咲きすぎて、バイキングをあまり食べられなかったのですが、残りを下の喫茶に移しての二次会。

           

           

           これは飲酒席から撮った会場。メインは窓際です。

           

           このあとタクシーで新道に移動して三次会、四次会でカラオケで、AKBのエブリディーカチューシャなど若いところを見せました。

           

           深夜におよぶ五次会もあったようですが失礼しました。

          | 伊勢 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          父の忌明けで伊勢に行きました。
          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

             この日は父の四十九日ということで、妻と二人で朝から伊勢。快速みえ特ダネ回数券は四枚つづりなので二人で往復するのにはぴったり。

             

             平日ということで11時から母と妹と妻の五人だけで養草寺からおっさんが来て法要。台風接近中の雨の中の墓参りの後、開福亭で忌明けの会食。昼からビールを飲みました。

             

             でそのあとまた近所の大地主と伊勢市駅前の再開発について意見交換。ジョイシティのあとの利用なんですが、かつて国道23号線が通るまではあの場所は当時の国鉄の官舎などが並ぶ伊勢市駅の一部だったことを知りました。

             

             

             これはその前に帰った際のものですが、とりあえず三交の敷地に建ったビジネスホテルが開業まじか。壊された再開発ビルのジョイシティと比べてもひどいデザインというわけでもないですが、伊勢市駅前なんでもっとなんとかならなかったのかという気もします。

             

             

             で、そのまま近鉄で帰れるようにと宇治山田駅前の大喜を予約していただいていたのですが、快速みえだったのでまた一度実家に戻り妻とは別々に名古屋に帰りました。

             

            | 伊勢 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            伊勢でいろいろと手続きと準備
            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               日曜は久々にNHK杯戦を見た後また快速三重で伊勢に。月曜が朝からお墓を整理する際の精抜きということで、四十九日には墓石やらいろいろと整っていないといけないそうです。光紀の墓はいろいろと調整がつかずまた見送りになってしまいました。

               

               そのあと一度戻って税理士さんのところに相続の打ち合わせ。午後から、市役所で原戸籍やら除籍謄本を取って家庭裁判所に行ったり銀行に行ったり、香典返しの打ち合わせやらなにやらをやりました。

               

               伊勢は役所が集中立地しているのでワンストップでいろいろできます。といっても自転車で行ったのでワンストップではないですが。

               

               

               これが市役所の斜め前にある家庭裁判所。相続放棄に関する手続きを教えてもらいました。これが一番急ぐらしいのですが、死亡を知った時から三か月以内とのこと。

               

               

               その前にある百五銀行。少し前に新しくなったのですが、建て替える前もなかなかモダンな良い建築でした。父の口座があるはずとのことで行ったのですが、少額でした。

               

               同じ場所から振り返ると、商工会議所。ツインアーチと同じ伊藤建築事務所の設計で、中部建築賞ももらったのですが、耐震補強がもの悲しい。

               

               

               夕方帰りがけに父の葬儀にも来ていただいた近所の大地主の方と会い伊勢市駅前再開発についていろいろ仰せつかってしまいました。

               

               

              | 伊勢 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              養草寺から宮後、河崎を建築ポタリング
              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                 

                 この日は平日ですがお盆の最終日。終戦記念日です。朝自転車で一人でお墓参りの後、宮後から河崎をポタリングしました。基本時速10km以下でたらたらと走るわけです。宮後町は伊勢市中心部では最大級の広さなんですが、その大半は駅裏、近鉄側に広がっています。このあたりも戦災にあったはずですが、都市計画や区画整理をちゃんとやらなかったのか狭い路地が入り組んでいて、自転車で入っていっても袋小路などと言うこともあります。

                 

                 そんな中見つけたのがこの銭湯。

                 

                 

                 霊泉湯となっていて、まだ営業しています。このあたりにはかつてたくさん銭湯があって、子供のころ近くの通り湯が休みの時は、やはり駅裏のたしか鉄湯というお風呂屋さんによく行ったのですが、ここは知りませんでした。レトロなんだけど入り口はアルミサッシの自動ドアになっています。

                 

                 少し前にミタスの湯というスーパー銭湯が出来たのですが、かつての銭湯で生き残っているところは数えるほどのようです。

                 

                さらに走るとここに出ました。

                 

                 

                 

                 星出館。NIMRAの緑陰講座で一度泊まったことがあるのですが、2005年でしたか。窓ガラスが波打っている古い旅館はジブリ風に見えます。最近は日本の旅館体験をしたい外国人が多いようです。

                 

                 さらに行くと河崎の街並みに入ります。

                 

                 

                 ここは以前珍しく妻と二人で入ったモナリザという喫茶店。

                 

                 喫茶は昨年閉店して、今は物販だけやっているようです。

                 

                 このあとまた近鉄沿いに伊勢市駅裏まで戻り、かつて半世紀前に通った奥川ピアノ教室を探してみたのですが、わかりませんでした。

                 

                 夜は妹二人が来てまた飲み、精霊送りは二人にまかせて早めに名古屋に戻りました。

                 

                 

                | 伊勢 | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                初盆でたくさんの方が見えました。
                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                   この日はお盆でずっと伊勢。まだ四十九日前なので伊勢にいるときは基本的に毎朝お墓参りに行きます。お昼から初盆で日曜日ということで、親戚や母の友人が次々に訪れます。葬儀の後で初めて知ったという方もいます。連絡リストなど全く用意してなかったので申し訳ないことをしたのかもしれません。

                   

                   前回来たときは盆提灯だけでしたが、今回来てみると初盆の切子が下がっていました。

                   

                   

                   切子とは多面体のことなんですが、元は多面体だったのかもしれません。値段を聞くと結構高かった。まあお花代としては相場の値段なのかもしれません。

                  | 伊勢 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  伊勢和紙館に行きました。
                  0

                    JUGEMテーマ:旅行

                     この日は午後一で建築設計のご相談があって、朝から伊勢に。実家で昼食後自転車で出かけました。

                     

                     高校の同級生がらみのご相談ですが、ぼつぼつリタイア後をいかに快適に過ごすかということを考える年代になってきたようです。そのために家を新築するなどというのは富裕層なんでしょうが。

                     

                     ですぐ近くがこの御師の館でした。いままでどこにあるのかよくわからなかったのですが宮町の少し旧街道から入ったあたりにあります。先月のブラたもりにも登場していました。

                     

                     

                     丸岡宗大夫邸ということですが、常時は開いていないようです。残念。

                     

                     ということで、やはり近くにある伊勢和紙館に行きました。

                     

                     

                     実はここは半世紀以上前に通っていた厚生幼稚園のすぐとなりで、かつては神都製紙という伊勢神宮のお札などの紙を作る工場でした。広い敷地で、もちろん一般人には立ち入ることもできない謎のスペースだったのですが、最近いろいろと公開されていることを知りました。

                     

                     神都製紙というからには神宮の直営工場かなと思ったのですが、今は民間企業になっています。奥の建物もギャラリーなんですが、ここもイベント時のみオープンとのこと。

                     

                     伊勢型紙は実質的に鈴鹿の白子が中心ですが、和紙や春慶塗りの漆器など伊勢には伝統工芸の蓄積がたくさんあり、昨今その復興が進められています。新特許は紙でもできるので、いろいろ見学した後手頃な厚めの和紙を買ってきました。今は機械漉きもやられているようです。

                     

                    | 伊勢 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    朝熊山に歩いて登りました
                    0

                      JUGEMテーマ:旅行

                       

                       

                       この日は朝からプチ弓友会で朝熊山に登山。プチ弓友会というのは伊勢高弓道部OBでFBで作っている会で、メンバーで後輩の伊東さんという建築家の方が毎週のように登っているということでお誘いをいただきました。参加者は伊東さんの同期の女性とあたけの同期の中西さんの四人。

                       

                       伊勢に参らば朝熊をかけよ朝熊かけねば片参りといわれた朝熊山には何度も上がっていますが、歩いて登るのは初めて。標高は555mと大当たりの数字ですが、いつも上がるのはスカイラインの展望台なので山頂はそこよりも50mほど高いことになります。

                       

                       朝熊山には毎週のように登る登山者がたくさんいるそうで、これはスタート地点の朝熊町にある駐車場の看板。朝熊岳道となっています。伊勢では岳(たけ)とは朝熊山のことで朝熊山の金剛証寺に参るのを岳参りと言います。

                       

                       

                       江戸時代に整備され22町となっていて一町ごとに石碑が立っています。

                       

                       

                       これは途中で渡るかつてのケーブルカー跡。戦前ここに東洋一といわれるケーブルカーがあったのですが、戦時中の鉄の供出に使われて廃線となりました。

                       

                       

                       山頂近くから見る二見方面。よく見ると安土城実物大レプリカも建っています。目立つ崖のすぐ左上です。

                       

                       ゆっくり登って一時間半くらいで朝熊峠に到達。ここで内宮からの岳道と合流します。するとこんな看板が。

                       

                       

                       ここにかつて有名な旅館が立っていました。昭和39年に火事で焼失したということは前回の東京オリンピックのころまであったのですね。戦前ケーブルカーでこのあたりを六甲山のようにしようとしたようで、御木本幸吉翁の別荘などもあったそうです。

                       

                       

                       二時間ほどでようやく山頂に到達。この後ろに山頂の碑が立っているのですが、意外に平らで広い。鳥居は八大竜王社。

                       

                       

                       山頂から見る鳥羽湾伊良湖方面。いつもの展望広場よりたしかに高いのがわかります。

                       

                       

                       テレビのアンテナがあります。かつてはUHFだったのですが、今は地デジでしょう。NHK杯戦をワンセグで見ようとしたら、高校野球でした。でも確かにやたらと受信状態が良い。

                       

                       帰りは早いのですが焦るとひざが笑うのでゆっくり。伊東さんに貸していただいた登山用ストックが役に立ちます。装備としてはあとは水筒とタオルと着替えくらい。

                       

                       下山してそのまま磯部の中六でうなぎの昼食。有名な店のようで予約してあったのですが、ぎりぎりで間に合いました。

                       

                       

                       おいしくてリーズナブル。天然ウナギ伝説があるので店の人に聞いてみたところ、まさか、と一笑に付されてしまいました。今は天然ウナギは入手不能のようです。

                       

                       ここは伊勢神宮別宮の伊雑宮のすぐ前。終わってしまった東海テレビお伊勢さんの森で有名な樹です。

                       

                       

                       お参りしてしまったのですが、あとでまだ忌明け前であることに気が付きました。いわゆる岳参りも四十九日が過ぎてからのようです。

                       

                       

                      | 伊勢 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/22PAGES | >>