CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
わがよき犬よ
0
    評価:
    カラヤン(ヘルベルト・フォン),ムソルグスキー,ラヴェル,ベルマン(ラザール),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ユニバーサル ミュージック クラシック
    ¥ 1,789
    (2006-11-08)
    コメント: 定番ラベル編曲のオーケストラ版と、ムソルグスキーの原曲を一枚で聞き比べられる逸品。演奏もさすがという名演です。

    JUGEMテーマ:音楽


     土曜はそういえば午後わざわざロードバイクで天白図書館に行きました。ラザールベルマンとカラヤンベルリンフィルが展覧会の絵で共演しているCDを予約していたのがようやく届いたということで。先日の桜ホール以来展覧会の絵をいろいろ聞き直しています。

     でここのところ、ポンズのお散歩回数がどんどん増えて、食前食後に行くので下手すると一日七回も行ったりします。内弁慶で決して遠くまで行かないのですが、ちょっと甘やかしすぎ。妻と二人で交代で行ったりするのですが、人間の健康にもよさそうです。ドイツでは犬の散歩一日5回は普通で、一回は一時間以上行くのだそうです。うちは長くても20分以内なのでまあ時間的には同じくらいかもしれません。

     前にも書きましたが、お散歩の時あたけはよく眼鏡をはずして裸眼になります。いつもディスプレイをにらんでいるので、屋外で裸眼になると目と脳が解放される気がします。いろいろアイデアを思いついたり、整理する時間にもなる。

     交通安全上危険を感じたり、ポンズがうんちの時にはあわてて眼鏡をかけるわけですが。

     お散歩をねだるとき、いつも鼻をクーンとならして尻尾を振りながらやってきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     鼻をならして奴が来る。腰と尻尾を振りながら。

     可愛いあの娘とすれ違いざま、追い掛け回すうぶな奴。

     あーあともよよき犬よ、

     お前今頃この空の下で、おれとおんなじ電柱見つめて、何思う。

     とフルコーラスで替え歌を考えてしまいました。

     かまやつさんごめんなさい。

     
    | | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    犬のほうが人間より頭がいい?
    0
      JUGEMテーマ:趣味

       これも翌日更新なんですが、土曜にそんなに飲んだつもりはないのですが、日曜はなんとなくぼーっとしていました。ほんとはおしりに火が付き始めた仕事をガンガン進めないといけなかったのですが。

       で閑話休題。

       ここのところポンズがやたらと散歩に行きたがる。一日6回くらいは当たり前。特に夕方異常に散歩に行きたいとアピールに来ます。どうやらいろんなお友達犬が前を通るのにご挨拶したがっているとは妻の言です。最近ポンズは吠えてくる犬以外は友好的です。おとなしいワンちゃんですねと言われることもしばしば。

       でだいたい良く合う犬は名前も年齢性別も把握しているのですが、初めて会った犬の年齢性別というのは聞かないとわからないのですね。まあ見るからに老犬という犬もいますが。あと性別は何の際に片足を上げるかどうかで判断するのですね。でもうちの妹のところの犬のようにメスなのに片足上げるというGID犬もいたりして。

       で初めての飼い主との会話は「おとこのこですか」といったことから始まることが多いわけです。

       でも逆に犬は人間の年齢性別がわかるのか、と考えるとわかっている気がします。この点に関して人間より犬のほうが頭がいい?若い女性には基本的に近づいていこうとしますが、若い男性は基本的に苦手。知らないおじさんには敵意をむき出しにしたり・・・。概して小学生くらいの子供は何をされるかわからないので警戒します。

       おばさんでも犬好きの人とそうでない人はわかるようで、一説には犬を飼っている人は連れていなくても臭いでわかるとも言います。人間のほうがわかりやすい恰好なのか、匂いなのか・・・・。

       犬同士はあったときに相手の年齢性別がわかるのかというとこれは多少疑問で、一生懸命おしりの臭いをかぎに行って嫌がられたりするのがオス同士だったり。まあそういう趣味もありなのかもしれませんが。

       基本的に人間相手の時は自分を好意的に受け止めてくれる相手かどうかをけっこう瞬時に判断している気がします。かわいいとかいう肯定的な言葉に敏感で、逆にくさいとか言われると微妙に傷ついているようにも見えます。

       前にも書いた気がしますが、犬は命令語に反応しているだけで言葉がわかるわけではない、という説には反対です。ちゃんと友達の犬や人の名前の意味が分かっています。妻が外出中の時、お散歩が長くなると「ぼつぼつママが帰ってきたかなー」とかいうとすぐ家に帰ったりします。

       というわけで親バカならぬ飼い主バカなのかもしれません。



       前にも出ましたが、展開犬とうちの犬です。
       
      | | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      ゼロエミッション犬ポンズ
      0

         今日でゴールデンウィークも終わりですが、なんだかんだではかどらないお仕事で一日。まあ金曜名古屋芸大にいけばまた休みではあるのですが、だんだん追い込まれてきました。といいつつ今日はビオラとギターを久しぶりに触りました。

         ゴールデンウィーク中妻と娘は仕事と遊びに忙しく、あたけはポンズとお留守番が多かったです。一日に五回もお散歩にいくのですが、二回に一回はウンチをする。最近はペットのウンチ取りグッズが発達しているので取るのですが、取り残すとポンズが食べてしまいます。汚い話ですみません。

         留守にしていて、帰るとなにやら匂うのだけれど、どこにもウンチが見当たらないということもあります。完全犯罪っぽい。

         これは多少とも便利で、夕方暗くてもポンズにまかせれば少なくともご近所迷惑にはなりません。

         子犬が自分のウンチを食べるのは良く知られていますが、ポンズももう三歳でしっかり大人。えさが足りないのかというとそんなことはないはずで、チワワとしては4Kgと大きくなりすぎ。

         名古屋市の公園の掲示で、飼い主が始末しましょう、はともかくとして、家の中で排泄させる訓練をしましよう、というのはイヌの習性を完全に無視しています。まだ排泄物はすべて食べさせるようにしましょう。というほうが習性に沿っているかも知れません。まあ排尿のほうはそういうわけにも行きませんが。

         一時尿療法というのが流行ったことがあって、自分の尿を飲むとその中に免疫系の情報が詰まっていて、たいていの疾患は治るとのことです。死ぬよりはましで、最後の手段とおもってやってら直ったみたいな情報もありました。ネパールの地震でも自分の尿を飲んで生き延びたという話もありました。そうとうに切羽詰らないと飲んでみる気にはなれませんが。

         動物がフンを食べるのはそんなに珍しくなくて、離乳食として母親が自分のやわらかいフンを子どもに与えるという話も聞きます。消化されていない栄養が消化液や酵素も加えた形でフンには詰まっている。理想の離乳食かもしれません。

         人間は文明化する中で野生動物が持っていた知恵を失っていった。イヌと付き合っていると彼らには彼らの一種の文化があることに気がつきます。イスラム教徒がブタを食べないのは、フンとくに人糞処理にブタを使ったりするからだそうですが。

         牛糞鶏糞から堆肥を作っている業者が原料として人糞を使えれば最高なんだけれど法律の壁に阻まれて出来ないとぼやいていたのを思い出しました。

         ゴールデンウィーク前に自転車で三日で100km以上走ったわけですが、こういう過激な運動をすると排泄物が極端に減ることがあります。エネルギーとして使い尽くされたからで、普段いかにカロリーを消費せずにそのまま排泄しているかがわかります。

         本来カロリー摂取量とは食べた食品のカロリー数から排泄されたカロリー数を引いた数値ではないかと思ってしまうわけです。そうすると毎日排泄物のカロリーを測定しないといけなくなるわけで、これは大変。

         人類が火星に到達するためには排泄物を食料にかえないといけないということで、クロレラやミドリムシなどに食わせてリサイクルするという研究もされているようです。鶏糞にウジを発生させてそれをもう一度鳥に食わせるという研究もありました。

         結局のところフンを直接食糧化出来ればもっとも合理的なわけですが、やはり消費したカロリーは光合成とかで補填してやらないといけません。

         リュース・リデュース・リサイクルで完全にゼロエミッション化されると食糧は単なるエネルギーキャリヤーとなるわけですが。

        これをグルメ欄に投稿するってどういうこと。
        | | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        卵のベンデグリティーとテンセグリティーとポンズ
        0
          JUGEMテーマ:アート・デザイン

            今日も展覧会の準備。午後現場にも行きました。

           木曜日の空間意匠論でテンセグリティーを取り上げたのですが、ベンデグリティーとの対比で卵型のテンセグリティーを急遽作りました。その写真です。

           例によって写真を撮っているとポンズ乱入。






           細胞はテンセグリティー構造という話を思い出しました。

           多面体としては有名なデューラーのメランコリアに出てくる立体です。

           これを土曜の記事にするのは時系列的に多少無理があるのですが。
           
          | | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          犬とテンセグリティー
          0
            JUGEMテーマ:日記・一般


             さて、昨日は屋根のヨシズと車検といった用事だけではなく、もちろん午後いろいろお仕事もしたわけですが、そのひとつがストローテンセグリティーの続き。



             最小限のテンセグリティーというとこの三本足が出てくるわけですが、ストローと輪ゴムでも出来ます。

             これは引張材のノードだけで見ると三角柱になるわけですね。
             八面体状に引張材を張ると三本の圧縮材がくっついて来ます。テンション材の張力を変えることによってプロポーションも変わります。右のパターンでテンセグリティーマストも作れそうですが、それはまたのお楽しみ。

             と、この写真を撮ろうとしたところへ、ポンちゃん乱入。



             普段レンズを向けると動きだして、なかなか写真を取らせてくれないのですが
            人の邪魔をするのは得意。
              
             いろいろと生活色にあふれたものも写っていますが、リモコンと比べるとポンズもテンセグリティーもかなりでかい事がわかります。チワワのくせにいつのまにか中形犬サイズに育ちました。ヨークシャーテリアの先代の倍に迫る体重になってしまい、パパが甘いから悪い、と家族から攻められています。

             どういうわけか、しつけた訳でもないのにやっていいことと悪いことの境を自分で決めているようですが、かなりこちら側にはみ出しています。

             座卓に上がり、だめ、降りなさい、といわれるとおとなしく言うことを聞いて、おりこうさんのポーズで言われてもいないお手をして、なにか頂戴とねだる。

             人の食事にはくれるまでは決して手を出さないけれど、人が食べ終わった食器は勝手になめていいとか。

             最近の学生と同じで、かなり舐められています。

             転がりやすい多面体には大変興味を持って追い掛け回して、噛み千切るので油断もすきもないのですが、これは見るからに転がらないと踏んでいるようです。テンセグリティーの20面体とか作るときっと追い掛け回すでことでしよう。

             そういえば生き物の細胞は一つ一つがテンセグリティー構造であるということが分かったと、ネットで川口健一教授が言ってみえました。テンセグリティーが分裂し組み替えられ増殖していくということです。人は60兆、中形犬だって5兆個くらいの細胞はありそうで、こいつの中にそんなテンセグリティーが詰まっているのかな?

             もともと筋肉がテンション材で骨が圧縮材で、その組み合わせの動物の生体はテンセグリティー構造だと言われていましたが。

             これについてはまた改めて。

             今日は名城大学の日で、スケッチアップの癖がだんだん分かってきましたが、これで細かいところまで作りこむのはなかなか大変。
             
            JUGEMテーマ:アート・デザイン
            | | 18:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
            NHK杯戦はまたしても新鋭船江五段が強豪を撃破
            0
              JUGEMテーマ:ゲーム


               今日も晴れて暖かな日曜。朝、最近太り気味のポンズのお散歩に行きました。いつも妻が散歩させているのですが、ほんとに自宅から30m以上離れたがらない。

               ということで、また通称ターザン公園(池ノ内公園)まで抱っこして連れて行きました。ここで離すと、また前回同様一目散に走りだします。

               今回は一輪車に乗るかっこうで、ジャージ上下にスニーカーだったのでしっかり走れるのですが、このデブポンについて走るのは大変。

               ちなみになかなかじっと写真を撮らせてくれないのですが、


               方向音痴ですが、一応少しは学習したようで、池見公園までは走らず途中で自宅のほうに曲がったまではよかったのですが、こんどはそのまま池ノ内公園に戻ろうとする。だっこして表台公園の近くでおろしてもまた坂を下って池ノ内公園に逆戻り。結局このあたりを二周するランニングになりました。最後は疲れ切って、抱っこして確実に自宅がわかるところまで戻りましたが、しっかり汗をかき一輪車にのるのはやめました。

               そのあとのNHK杯戦は深浦健市八段対船江恒平五段戦。解説の畠山鎮七段によると船江五段は詰将棋作家としても有名だそうで、高校生の時に年間最優秀問題に与えられる看寿賞を受賞しているとか。当然解くのも強い。

               船江五段が有名になったのは今年の電王戦で、たしかこのときはほとんど勝っていた将棋をコンピューターにひっくり返されたはずですが、今回は逆、きわどく詰みを逃れての逆転勝ちでした。またしても新鋭が強豪トップ棋士を下した一番となりました。

               ネットで見ると竜王戦と電王戦の字面が紛らわしい。竜王戦はただいま第4局が終わったところですが、来年の電王戦はどうなるのでしょう。人間とコンピューターが入り乱れての予選とかやるといいのに。

               さてコンピューターの不調やらなにやらで更新が遅れていたのですが、ようやく追い付けました。ちなみにこれは翌日更新。

               しかし更新してもしなくてもアクセス数が変わらないのはなぜ?
              | | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              最近のポンズ
              0
                 昨日からの雨で暑さも一段落。午前中息子の子供時代家族で付き合いのあった奥様が大きなお花をもって弔問に来ていただきました。

                 もう最近は息子の話はおたがい最小限になってきています。そのかわり久しぶりということで、幼馴染の近況報告に花が咲きました。

                 ポンズは知らない人には最初酷く吼えるのですが、女性の場合30分もするとなついてしまいます。なにやらおとなしくなったと思ったら・・・・。机の下で奥様のバッグの紐を食いちぎっていました。高いブランド製のバッグのようで・・・・。汗。

                 最近のポンちゃんはお座り、お手、おかわりはマスターして、これは来たころから考えると奇跡的なのですが、革製品を齧る癖は治りません。一家中の靴が犠牲になったのですが、おとなしくなったあたりで気がつくべきでした。

                 一応、机の上の人間の食事には手を出さないとか、いつのまにか学習したルールは守るのですが、一度自分のものにしたと思った獲物を取り上げようとすると、うなって怒ります。

                 というわけで、NHK杯戦高橋九段中村大地六段は途中までしか見られませんでしたが、ベテランが高勝率の若手を撃破したようです。

                 午後はギターを引っ張り出して、レパートリーの虫干し。夜は娘が香川県のミュージックフェスから帰って家族ですき焼きで、飲んで翌日更新です。

                | | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                ポンちゃんはミニチュアドーベルマン
                0
                  JUGEMテーマ:旅行
                    今日は伊勢高中部支部同窓会で早めの更新。ということで何もないときのペットだのみ。



                  これは息子の携帯で見つけた家に来たばかりのころのポンちゃんの写真。
                  丁度生後二ヶ月ですが、このころから元気がいいというか、凶暴だったよね。と言います。

                   先代のチャビちゃんはとてもひとなつっこかったのですが、こいつは人が来るとぼくは番犬だい!とすぐ吼える。ミニチュアドーベルマンといわれています。

                   

                   これはお彼岸に伊勢に移動したさいの安濃津サービスエリアで。ここは中小型犬限定ドッグランとか、犬用トイレがありました。どんなのかと言うとダミーの電柱が立っています。

                   本来はこの右にある
                  チワワなんですが。看板の前足はなくていいと思います。

                  これは新種発犬という看板。民営化のおかげでこういう施設も出来るのでしょうか。

                   ポンちゃんですが、トイレはほとんどトイレシートでするようになりましたが、あいかわらず噛み癖が治りません。ただ知らない人には噛みつかないので、本人?はアマガミのつもりなのだと思いますが。半端ない。

                   あといろんなものをやたらとかじる。だめにされた電源コードやらイヤホンやらメモリーカードは数知れず。こないだ買ったばかりの16GBのマイクロSDカードをダメにされたかと焦りましたが、ダメにされたのは古い4GBのカードでした。

                   買った価格はこっちのほうが高かったと思いますが。バックアップ用だったのでとりあえずホッ。

                   今七ヶ月なんですが、ちゃんと落ち着いた大人の犬になってくれるのでしょうか。

                   そうなったらまた寂しいかもしれませんが。
                  | | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  ポンズのお散歩デビュー
                  0
                    JUGEMテーマ:趣味
                      昨日も猛暑日でしたが、昼間少しだけ雷雨になりました。光紀の三七日でまた親族にたくさん来ていただきました。

                     ここのところ一輪車は当分お休みで、かわりにようやくポンちゃんのお散歩デビューです。

                    ポンズお散歩中

                     ここのところポンちゃんにとって居間を自由に走らせてもらえないフラストレーションの溜まる日々だったと思うのですが、かなり臆病で、外の散歩はまだ怖いようです。四ヶ月ですしね。

                     先代のチャビちゃんのちいさなころは、好奇心一杯で、まるで惑星をひとつづつ探査するみたいに近所のいろんな公園を探し出して、ルートを開拓し、ほおっておくとどこまでも歩いたものでしたが。

                     晩年はあまり歩きたがりませんでしたが、近所の地図はしっかり頭に入っているようでした。

                     犬にもいろんな個性があるものです。
                    | | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    我輩の名前はポンズちゃんである。
                    0
                      JUGEMテーマ:趣味
                        今日で5月も終わり。明日は衣替えです。
                      こんげつ増えた新メンバーも早いもので二週間経ちました。
                      やんちゃすぎて困っています。
                      ポンズちゃん
                      これが近影。
                      ちなみにだっこしているのは妻です。前回は娘でしたが。

                      グレムリンに似ているでしょ。

                      グレムリン
                      似てないか。


                       名前も決まりました。
                       ポンズちゃん。娘がつけたのですが、なんとなくしっくりこないなどと言われつつ定着してきた感じです。かわいくポン酢に近いフラットなアクセントを期待したようですが、みんなバリーボンズみたいに前にアクセントを置いて呼びます。それも早くもポンだけとかポンちゃんに省略されてきました。

                       あるいはポンスケと呼ばれたりします。
                       これは政治評論家の三宅先生の発明した言葉だそうで、相手をけなしつつ誹謗中傷にならない微妙な言葉だとか。

                       二週間の間にソファーから飛び降りることを憶え、最近はようやく飛び上がれるようになって来ました。慣れるとともに咬み癖がひどくなってきています。大人になると治ると言われていますが。

                       あとトイレトレーニングもまだまだで、チャビちゃんは六ヶ月で来てそれなりに躾けられていて手がかからなかった気がします。

                       ただとにかく元気一杯で、いろいろとよい素質を感じさせる犬です。
                      | | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/2PAGES | >>