CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
モバイルシェッドの表彰式で講演をしました。
0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     この日は夕方からモバイルシェッドの表彰式で講演会。朝から準備に追われました。場所は総合資格学園名古屋駅前校。そのあと懇親会があるのでタクシーで来てくださいとのこと。タクシーで運べる限界に挑戦しました。

     

     今回は名城大学で保管されているもののうち、でかすぎるタワーやあたけボートの外皮を覗いてたくさん持ち込み最初に開けてみました。シザーズテクニックで部材をたたんだ状態で組み幕をつけると50屬任發垢200kgといった重さになるので。屈強な自衛隊員でもなければ少人数で展開できません。

     

     ということで、簡単な仕口でたくさんの部材をくみ上げるほうが合理的というお話をして、昨日の名城で組んだ耐震シェルターの画像を見せました。

     

     昨日CADデータがなかったのですが接合部は回転対称でこんな感じです。

     

     

     

     

     端部は共通してコンな形なんですが、・・・

     

     

     そのあと懇親会ですが、若手の先生等に囲まれて、ほとんど学生さんと話ができませんでした。日本人の学生消極的なんですよね。

    | 展開構造 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    耐震シェルターを組み立てました。
    0

      JUGEMテーマ:アート・デザイン

       今日は午後から名城大で、昨夏から進めてきたコンテナの部材利用の耐震シェルターようやく通関して届きました。もともとカラフルコンテナの富岡社長の依頼で設計したものですが、武藤研の学生さんの協力を得て組み上げることが出来ました。

       

       これを書いているのは実は金曜ですが、同日の月曜に特許の出願も完了したので公開できます。重さ20Kgの部材10本から出来ています。

       

       机上の設計だとどうしても重さの感覚がマヒしてしまうのですが、人が組み立てるには部材の重さはこのくらいだと快適であることがわかります。

       

       既存の和室四畳半にピッタリ入るサイズなんですが、もう少し小さいほうが強度も出るし、ハンドリングしやすい気もしました。

       

      | 展開構造 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      バレンタイン向けハートのフォーチュンクッキーの提案
      0

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

        JUGEMテーマ:趣味

        JUGEMテーマ:グルメ

         日曜はまたまったりと一日執務室で、この写真を撮りました。先日バレンタイン商戦はすでに終わっていると言われたのですが、ともかくアナとハートのあたけピースでハートのフォーチュンクッキーを作る構想のマニュアルを作りました。

         

         クッキーの色違いツーピースで作ります。ハートが目立つためですが一枚はイチゴクリームのピンクが良いかも。

        白黒はピアノの鍵盤の色なんですが。

        四隅にハートの片われ(爪)中央にアナが二つあるのですが、片ハートをアナに通すとハート形が出来てきます。

        今回はそれぞれアナから遠いほうの片ハートを使います。

        白のほうも同じように内側から通します。

        同じようにもう片一方も通します。

        両方通りました。

        今度は向かい合っている片ハートを絡めます。

        もう一方も同じようにします。

        バランスを整えると立てることができます。

        二つのピースがハグして口づけを交わしているように見えませんか。

        中にはしっかり空間があるので、メッセージやおみくじを入れることができます。

        娘にクッキーを試作してもらおうかと思ったのですが、親父的には恥ずかしくてちゃんと言えませんでした。

        どなたか試作をクックパッドにアップしてください。

         

        このあたけピースは一種類の形で曲面で覆われたどんな立体でも組み立てることができます。特許出願済み

        詳しいことはおいおいアップしようと思っていますが、待ちきれなければどうぞご質問ください。

        | 展開構造 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        つくばからエクスプレスでトリトさんのあとまた附属中3C飲み会
        0

          JUGEMテーマ:旅行

           この日は初めてつくばセンターからローカルバスで産総研へ。右回りというのがどちら周りかわからず、あやうく西の産総研で降りそうになりました。

           

           この日は午前中で終わりでしたが、会の事務局長で今は小学校の校長先生をしている松浦先生にお買い上げいただき、持って行った45cm版大型ピースで二人で卵を組み立ててみました。やはりこれは難しそう。でもできると子供は喜びそうとのこと。写真を撮るべきでした。

           

           

           

           これが今回のショップの机。所狭しと置いてありますが、基本的に直方体系、球面系からトーラスまで何でもできます。また組み合わせで開口率も基本的に三段階に変えられます。

           

           当然折りたためないので、移動時はマトリョーシカ風に入れ子にして運びました。

           

           で午後は時間があったので、産総研の展示施設を回ることに。地質資料館は興味がある先生には面白そうでしたが、やはり面白かったのは共通講義棟のとなりのサイエンススクエアつくば。産総研の最近の研究テーマが解説されていて、粘土から作る高機能フィルムとか知らない研究もありました。

           

           

          こんな感じ。

           

           でバスでセンターに戻って初めて乗るつくばエクスプレスで秋葉原のトリトさんへ。パズル懇話会で紹介していただくようたくさんあたけピースを預けてきてしまいました。パズル懇話会では一般と逆で、簡単にはできない。難しいと言わないと興味を持っていただけないそうです。

           

           でそのあと、有楽町の東京フォーラムのおしゃれなお店でまた付属中学3C会。今回は和歌山から小児科医の紀平氏が参加されていて久々にいろんなお話に花が咲きました。小児科医とはいっても心療内科系で、人は基本的に自閉症型と多動症型に分かれるそうです。アスペルガー症候群についても盛り上がりましたが、マイクロソフトの社員などビルゲイツを筆頭にアスペルガーだらけとか。

           

           でこのあとクーポンの有効利用で上野のカプセルサウナへ。カプセルは久々ですが、ホテルとの最大の違いは遮音性だと気が付きました。鼾のひどい人がいると大迷惑。といってロールカーテンを閉め切ると遮音性はないのにエアコンの効きが悪くなり暑くなる。避難所の快適性向上の参考になりました。

           

          | 展開構造 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          つくばの形の科学会であたけピースの講演をやりました。
          0

            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            JUGEMテーマ:学問・学校

             

            泊まったホテルはヤフートラベルで予約したホテルつくばヒルズ学園西大通りというのですが、朝食付きで安かっただけあって施設としては古め。でも大浴場付きでいろいろサービスが良い。

             

             で早起きしてもパワーポイントを準備していたら遅くなり、小雨も降っているのでタクシーで産総研へ。タクシーだと広い構内の中まで入ってくれます。

             

             午後一で発表だったのですが、それまでにも結構売れました。

             

             講演はパワポの不足分を学会版マニュアルで補ったのですが、たいした質疑もなく、逆に昨日お買い上げいただいた先生から大変好意的なコメントをいただくことが出来ました。マニュアルは専門家の先生相手ということで難しい言葉を解説なしにどんどん使ったものですが、やはり展開図を見ても子供には難しそうという声もありました。逆に何も知らずに自由に組むと案外理論的には難しい新たな展開につながる可能性もあるのではと答えました。立体幾何の知識は役に立つこともあれば、邪魔をすることもある。

             

             

             これはあたけではなく、五角形のタイリングのお話をされている数学系の先生。会場は広いのですが参加者はちょっと寂しい感じ。

             

             早めに終わったのでタクシーでつくばセンター方面に戻る先生に便乗させてもらいました。

             

             

             久しぶりに見る磯崎先生のつくばセンタービル。以前来たときはこれだけしかなかったのが、随分都市化が進んでいました。まだ日があったのでいろいろ回ってみました。

             

             

             これはつくば文化会館アルスという施設。図書館と美術館とホールの総合施設です。

             

             

             駅のすぐ前ですが大きな公園。H2ロケットがあるところがつくばらしい。

             

             

             これはセンターのすぐ前の商業施設。木が生えていますが実はペデストリアンデッキの上です。

             

             そのあとは学会のお弁当の余りを安く譲り受けて、ホテルで昨日入れなかったサウナに入り、ビールを飲みながらホテルのマンガライブラリーで見つけたハチワンダイバーを読む至福の時間でした。

             

            | 展開構造 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            名城大親子の防災イベント東海テレビで放映
            0

              JUGEMテーマ:学問・学校

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

              JUGEMテーマ:ビジネス

               

               今日は午前配布物の準備などして早めの昼食後名城大。搬入搬出があるので車で入構です。

               

               一般のオープンスクールもあるのですが、この日のメインは日本建築学会東海支部主催の親子防災教室。当日になって東海テレビのローカルニュースの取材が入るということでいろいろとスケジュールを変えました。

               

               教室の参加者は応募者から選ばれた親子20組、小学生がメインです。武藤先生のお話のあとまず例の振動台で地震体験。そのあと家具の固定やらガラスの飛散防止フィルム貼りなどの体験があったのですが、テレビ取材の都合であたけの防災展開ボートをみんなで広げます。

               

               なんだかんだで残されたオオトリのあたけの時間は30分ほど、ボートの展開構造の説明のあと早速みんなでヒトタマゴ・HUMANEGGをみんなで組み立てます。これがアナとハートのアタケピースのお披露目内覧会みたいなもの。15ピーシズでタマゴ一個ができるので各チームに一個作ってもらう予定だったのですが、そんな時間はなくおうちになるロボットと一緒にお土産となりました。

               

               

               右側が昨日ためしに学生の集団制作で作ったヒトタマゴ。中に入りたいという子供が続出。こどもは狭いところが大好き。

               

               もともとこれは避難所に入ったときに段ボールの衝立だけのプライバシーはあまりに悲しい。子供たちで自由なデザインの柔らかいおうちをいくつも作って家族で入ってもらおう、というコンセプト。90cm×45cm版でやる予定で、場合によっては本当の三六版180cm×90cm版も考えて用意したのですが、結局66cm×33cm版になりました。タマゴはまあ一つの例ですが、同じ単一のピースでドームハウスでも、普通の直方体系のおうちでも何でもできます。

               

               

               これはテレビにも出たボートでの記念写真。実はこのボートテレビに出るのは四回目。東海テレビに出たことでNHK以外の在名民放に全部出たことになります。トレタマにも出たんですが。

               

               

               最後参加者全員で記念写真。

               

               今回の参加者は夏休みの自由研究でアナとハートのアタケピースが使えるかもしれないわけで、そこからの問い合わせに答えられるよう製品化を急がないといけないのですが・・・。

               

               今回主催者側の参加者にも大人気で用意したサンプルはあっという間になくなってしまいました。

               

               テレビのニュースもあっという間だったのですが、子供たちのなかなかよいコメントが取られてました。

               

               

              | 展開構造 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              名城大でイベント準備
              0

                JUGEMテーマ:学問・学校

                 JUGEMテーマ:アート・デザイン

                 

                 今日は朝ポンズの散歩に出たらちょうど日の出でした。家の前から。

                 

                 

                 昨日は名城大で三六版のソフトボードt30を四枚に下すくらいだったのですが、これはやはりちょっと厚過ぎ。穴とハートの継ぎ手を曲げるのが大変そう。ということで主力は666*333t10のリアラボードになり、量産開始。なんとか目途が立ちました。

                 

                 夕方近くになって、イベントで学生が広げる防災ボートの予行演習。骨組みの上下がわかりにくかったのをマークを付けました。こういうのはけっこう原作者では思いつかなかったりします。

                 

                 

                 

                 シートをかけるのは久しぶりですが、骨組みだけだと安定しないのが、シートによって補強されます。

                 

                 特に問題なく簡単にできることが確認できました。

                 

                 

                | 展開構造 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                ようやく特許関係の図面を描きました。
                0

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                  JUGEMテーマ:ビジネス

                   

                   この日は六月最後の日で、弁理士の小玉先生とお約束した日。前回の打ち合わせに基づいた図面をそろえて送りました。といっても写真を下敷きにフリーハンドでなぞったものがたくさん。専門のトレーサーが特許の図面に仕立ててくださるようです。実はこれを書いている時点ですでに出願は終わっているのですが、まだとりあえず秘すれば花。どうやってプロモーションするか戦略もまだです。人類史を変えると息巻いていたわけですが、基本的に長方形の可撓性の板をシステマティックに組み上げて、どんな立体でも隙間なく組んでしまう技術です。波板のポリカ版や段ボールでも可能で、強軸方向がクロスするので構造強度も出ます。

                   

                   あたけぼねもどんな曲面にも展開可能な折り畳み構造システムで、こっちのほうが絵的には衝撃的だったはずなので、今回の発明も発信力がないと二の舞に終わってしまいそう。

                   

                   少ない技術と資源でできるので災害現場や途上国などで大活躍できそうなんですが・・・・・。

                   

                   とりあえず7/31日に名城大で非公開の皮きりのイベントやります。

                   

                  | 展開構造 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  専用より万能の時代?
                  0
                    JUGEMテーマ:ビジネス

                     今日は憲法記念日で今日から世間は三連休の初日なんですが、ゴールデンウィークにやらないといけないことが山積していてそのひとつがやはり新規特許関係。まだ出願前なので公開できないわけですが、少しだけ書くとある比較的単純な形の組み合わせでどんな立体も出来てしまうという特許です。

                     まああたけぼね展開構造もベンデグリティーも少ない部品でほぼどんな形もむ出来るという技術だったわけですが、今回はベンデグリティーの発展形です。ベンデグリティー構造はどんな曲面でも覆える可撓線材のシステムだったわけですが、今回は面をほぼ隙間なく覆ってしまうことが出来る。

                     しかも展開構造は三種類の部品の組み合わせ、ベンデグリティーでも二種類だったのが、今回はたった一種類のピースで世界のどんな立体も覆いつくせる。まさに究極のワンピース。正多面体はもちろんフラードームのような巨大な球面も作れれば、四角い直方体の箱も作れる。

                     もちろん伸縮自在のワンピースの組み合わせなら数学的にはトポロジックに成立するわけですが、これは工学的にも成立するところがすごいと思っているわけです。

                     で今あたけの執務室をはみ出して居間もこの試作品であふれかえっていて、家族から白い目で見られています。

                     これ一つだけでなんでも作れるんだよ、すごいでしょ。

                     というと、娘ですが、今は専門に特化したものがあふれているのに、ひとつでなんでもできるというのは果たして価値があるのか。と疑問を投げかけられてしまいました。

                     まあ、万能とは無能の別名と言いますからね、ユーティリティープレーヤーとしては身につまされる一言ではあるわけですが。

                     でもですよ、今やなんでも一通り出来てしまうスマホが、デジタルカメラや音楽プレーヤやゲーム機や目覚まし時計を駆逐しつつある。

                     平安時代の日本の家は家具であふれていたのが、書院づくりが生まれてすべて家に統合されていったというのは、日本建築史における建築の進化なんですが、また新たな統合の時代が始まっているのかも知れません。

                     とりあえず避難生活には大変役立ちそうなので、連休返上で公開を急ぎたいと思います。

                     
                    | 展開構造 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    三重大学付属中学のプチ同窓会をやりました。
                    0
                      JUGEMテーマ:学問・学校

                       で金曜は平日なんですが、刻下の急務もなく、夜連荘で今度は中学の同期の飲み会が入っていたので、二日酔いというわけでもないのですがかなりボーっとしていました。いろいろと怪しげなサイトを覗いて回ったり。

                       で今回は矢場町が最寄り駅のしら河ガスビル店、東京から営業に来るメンバーがいるということでメールで連絡が付く範囲で同じクラスだった四人でした。三重大学付属中学通称付中の67年度卒業組ですが、昭和67年はありません。三年間ずっとクラス替えはありませんでした。

                       聞いてみると45才のころ一度学年の同窓会をやって以来ということで18年ぶりくらい。実は還暦の時にまた学年同窓会があったのですが、あたけは不幸で欠席していました。でこの18年間の恩師やら同窓生の訃報もその時あったみたいなのですが、知りませんでした。

                       物持ちの良いメンバーが中学校当時の名簿やらあたけが書いたという劇のガリバンの脚本やらを持って見えて、一応あたけはみんな知らないだろうということで、あたけぼねのハウスとボートを持っていきました。



                       中学の時なにやら政治風刺色の強いクラス演劇を書いたのはおぼえていたのですが、実物が残っているとは。なにやら結局ハッピーエンドみたいでした。高校時代にも二本戯曲を書いて、一本は演劇部で文化祭で上演、一本は文芸部の雑誌に寄稿したのですが、いずれも手元には残っていません。何十部かは作っているはずなのでどこかにはあるかな。

                       当時の名簿は結構衝撃的で、全学年の生徒の誕生日や両親の名前、父親の職業まで載っていて、今となっては個人情報保護でありえない内容。逆に今の先生は連絡網の出入り口しかわからないので苦労しているという話も出ました。

                       同窓生のその後の情報もさることながら、スマップの解散やら関係者が居るということでくい打ち偽装、はては最近でてきた廃棄カツ転売事件などもいろんな話題が出ました。

                       関東ではもう少し集まるらしく、今度あたけが行ったときにまた集まろうということになりました。

                       ここはひつまぶしの店なんですがどうも行列ができる人気店のようで、途中でトイレに立つとずらりと並んでいます。いろいろ翌日の予定がある方もいて早めに解散。無事10時過ぎには家に戻れました。
                      | 展開構造 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/34PAGES | >>