CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
ドローン初体験
0
    評価:
    ---
    TOHO
    ¥ 5,600
    ()
    コメント: 飛行時間と飛行範囲が狭い以外は大満足の性能でした。

     

    JUGEMテーマ:趣味

     この日はついに名古屋芸大の担当の先生から成績の催促がありました。授業中に点けてはあったのですが、前半と後半のクールで成績をつける基準に狂いが出ていないか再チェック。今期はなかなか成績が良かった気がします。絶対評価か相対評価かが問われるのですが、結果的には絶対評価ですね。

     

     で次の日に岐阜の現場監理が入っていたので、おもむろにドローンを取り出しました。二か月ほど前にヤフオクでまさかの安値で落札してしまって、よく見たら商品代引きしか認められなかったのでどうしようか迷っていたのですが、買いました。ぴったり3000円で落札したのですが、消費税送料代引き手数料など入れると約1.5倍になりました。それでも安いのですが。

     

     で、ドローンと飛行船の未来なんてテーマで講演したりした手前、一度もドローンをいじったことがないでは始まらない。あと写真撮影や動画が撮れるので吹き抜けの大きな現場や、建物の写真などにも使えるかもしれない。それなら買うのも悪くないと思ったわけです。

     

     実はこの十年くらいの間に二機のラジコン機を買って、いずれも安物ですが一機は二回目に飛ばした日に天白川に墜落しておしまい。二回目はブログにも書いた気がするのですが、やはり二回目くらいに頭から墜落してプロペラが折れて終わり。この機体はまだ執務室に飾ってありますが。

     

     というわけで、数万円をかけた機体があっと言う間に喪失ではシャレにならない。まあ最初はこのくらいの価格でないと。

     

     しっかり日本語のマニュアルがあっていろいろ調整して、充電してまず部屋内で飛ばしてみました。ポンズが驚いて部屋の隅に逃げ込みます。

     

     なかなかホバリングが大変です。この価格とは思えないほど性能的には充実しています。プロペラの周りにガードがあるので墜落しても大丈夫。ということで、しっかり充電して翌日に備えたのですが・・・・・。

     

    | 飛行船 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    小池新都知事就任
    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       日曜ですが、名城大から帰って早めの真田丸が終わるといよいよ都知事選開票。混戦が予想されていたのですが、あっさりと小池百合子元防衛大臣の当選確実が出ました。終わってみれば次点の増田寛也氏に112万票の大差をつけ、野党共闘だったはずの鳥越さんはさらに45万票も離されました。

       

       実はこの結果はNIMRA7月例会のあとの懇親会ですでに予測されていました。その際は鳥越さんはもう少し健闘するはずでしたが、文春などのスキャンダルもあり、小池さんの病み上がり発言などに妙に噛みついたのが逆に無党派層離れを生んだのではないかと思います。後だしじゃんけんが強いといわれても、反原発とかあまり都政に関係のない話しかできず、76歳と高齢なので都知事としての不安感もありました。

       

       増田さんは終始知名度不足に苦しんだといわれ、応援する都議すら名前を間違えるシーンがたびたびテレビで流れ失笑を買っていました。これは逆に都議のレベルの低さを物語っている気もしますが。

       

       で増田さん陣営からの名アシストというかオウンゴールと言われたのが、都連会長の石原伸晃さんに担ぎ出された親父さんの厚化粧の大年増発言。石原慎太郎氏も影響力を失ったことを印象付けました。

       

       オリンピックを控えた東京都ですが、中央の言いなりにならない強い都知事を都民は求めたようです。

       

      | - | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      羽生フルセットの上棋聖戦防衛
      0

        JUGEMテーマ:趣味

         

         この日付での昨日ですが、実は名城に行く前にNHK杯戦島本五段対豊島七段戦を見ていました。中盤で豊島七段が実績通り圧倒しそうな内容だったのですが、島本五段が終盤差を縮めて最後は一手違いのきわどい勝負まで持ち込みました。おかげで準備の手が止まってしまいました。

         

         今日はいろいろ後回しにしてきたやらないといけないことがありつつ、結構ぼーっと非効率的だったわけですが、その一因はやはり羽生さんがなんとか底力を見せてフルセットに持ち込んだ棋聖戦第五局。勝負にからい若手の永瀬六段に通算一勝五敗とこれまでにない対戦スコアでカド番に追い込まれ、防衛のためにはもう二連勝するしかないというところから一勝返しての最終局だったわけです。

         

         でも結果から言うと羽生さんは鬼のように強かった。まだまだ大一番になれば経験の差がものを言いそう。永瀬六段は先手だったのに初タイトルを意識してか手が縮んで見えました。羽生さんの終盤金一枚ただで捨てて香を入手する強手は完全に相手を飲んでいる気がしました。

         

         ここのところもう少し中堅を相手に勝ち星を重ねていた羽生さんですが、先々週の金曜には棋王戦でやはり高勝率若手の佐々木勇気五段相手に白星を献上していたのでちょっと心配していたのですが。

         

        | ボードゲーム | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        名城大親子の防災イベント東海テレビで放映
        0

          JUGEMテーマ:学問・学校

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          JUGEMテーマ:ビジネス

           

           今日は午前配布物の準備などして早めの昼食後名城大。搬入搬出があるので車で入構です。

           

           一般のオープンスクールもあるのですが、この日のメインは日本建築学会東海支部主催の親子防災教室。当日になって東海テレビのローカルニュースの取材が入るということでいろいろとスケジュールを変えました。

           

           教室の参加者は応募者から選ばれた親子20組、小学生がメインです。武藤先生のお話のあとまず例の振動台で地震体験。そのあと家具の固定やらガラスの飛散防止フィルム貼りなどの体験があったのですが、テレビ取材の都合であたけの防災展開ボートをみんなで広げます。

           

           なんだかんだで残されたオオトリのあたけの時間は30分ほど、ボートの展開構造の説明のあと早速みんなでヒトタマゴ・HUMANEGGをみんなで組み立てます。これがアナとハートのアタケピースのお披露目内覧会みたいなもの。15ピーシズでタマゴ一個ができるので各チームに一個作ってもらう予定だったのですが、そんな時間はなくおうちになるロボットと一緒にお土産となりました。

           

           

           右側が昨日ためしに学生の集団制作で作ったヒトタマゴ。中に入りたいという子供が続出。こどもは狭いところが大好き。

           

           もともとこれは避難所に入ったときに段ボールの衝立だけのプライバシーはあまりに悲しい。子供たちで自由なデザインの柔らかいおうちをいくつも作って家族で入ってもらおう、というコンセプト。90cm×45cm版でやる予定で、場合によっては本当の三六版180cm×90cm版も考えて用意したのですが、結局66cm×33cm版になりました。タマゴはまあ一つの例ですが、同じ単一のピースでドームハウスでも、普通の直方体系のおうちでも何でもできます。

           

           

           これはテレビにも出たボートでの記念写真。実はこのボートテレビに出るのは四回目。東海テレビに出たことでNHK以外の在名民放に全部出たことになります。トレタマにも出たんですが。

           

           

           最後参加者全員で記念写真。

           

           今回の参加者は夏休みの自由研究でアナとハートのアタケピースが使えるかもしれないわけで、そこからの問い合わせに答えられるよう製品化を急がないといけないのですが・・・。

           

           今回主催者側の参加者にも大人気で用意したサンプルはあっという間になくなってしまいました。

           

           テレビのニュースもあっという間だったのですが、子供たちのなかなかよいコメントが取られてました。

           

           

          | 展開構造 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          名城大オープンスクール一日目
          0

            JUGEMテーマ:学問・学校

             

             さて、まだ31日の建築学会東海支部主催の防災イベントに向けてまだまだやることがあるのですが、11時くらいに名城の構造実験棟に行くとオープンキャンパスということですでにいろいろなイベントが進行中。

             

             オープンキャンパスは少子化の中で大学が受験性の奪い合いになっていて、主として大学を選びたい高校生とその保護者に向けて行っているものです。まあだいたい偏差値の高い大学が偏差値の低い大学の受験生を食っていく傾向にあるので、食われるサイドになりがちな大学ではAO入試というのを打ち出して受験生の早期囲い込みを図っています。偏差値の高い大学でももちろんAO入試はありますけど、名城大があるかどうかは知りません。

             

             

             タワー棟前のオープンキャンパス風景。

             

             

             構造実験棟では橋の強度コンテスト。よく建築学科では割りばしなどでやったりするのですが、旧土木系は本格的です。

             

             

             こちらは建築系の地震体験イベント。一緒に写っているのは武藤先生。

             

             通常の地震体験車は水平動だけで縦揺れは再現できないそうで、これは東海地方で唯一三次元的な動きを再現できる振動台とのこと。体験車では固定されたテーブルに摑まれるのですが、こちらは椅子も固定されていません。熊本地震の震度七の揺れの再現ということですが、100%でやると危険なため同一地震波で振幅八割の再現にとどめています。ただやはり上下動は椅子が浮くので結構怖い。

             

             学生が暇になるときに大型アタケピースの制作を手伝ってもらったりして、いろいろ集団制作の手順もわかり、余裕をもってイベントの準備できました。

             

             

            | 大学関係 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            名城大でイベント準備
            0

              JUGEMテーマ:学問・学校

               JUGEMテーマ:アート・デザイン

               

               今日は朝ポンズの散歩に出たらちょうど日の出でした。家の前から。

               

               

               昨日は名城大で三六版のソフトボードt30を四枚に下すくらいだったのですが、これはやはりちょっと厚過ぎ。穴とハートの継ぎ手を曲げるのが大変そう。ということで主力は666*333t10のリアラボードになり、量産開始。なんとか目途が立ちました。

               

               夕方近くになって、イベントで学生が広げる防災ボートの予行演習。骨組みの上下がわかりにくかったのをマークを付けました。こういうのはけっこう原作者では思いつかなかったりします。

               

               

               

               シートをかけるのは久しぶりですが、骨組みだけだと安定しないのが、シートによって補強されます。

               

               特に問題なく簡単にできることが確認できました。

               

               

              | 展開構造 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              モータリゼーションが葬儀会館を生み、コミュニティーを壊した。
              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                 昨日の日付の戦後最悪の大量殺人はでも19人どまり。放火殺人が疑わしいものはもっと大きなものもあるようですが、このくらいの人数で済んだのはやはり銃が規制されているから。銃乱射事件は思想的なテロでなくともすぐ数十人の犠牲者を生みます。

                 

                 と思ったのですが、われわれが父の通夜と葬儀を行っていたころフランスのニースでは花火大会の人ごみにトラックで突っ込んで84人が亡くなるというテロ事件が起きていました。車を使った自暴自棄のテロ行動は日本が先輩かもしれません。

                 

                 で今回の通夜と葬儀で出た話題ですが、昔は葬儀を寺で行うのはともかく、通夜は隣保と呼ばれるご近所の方々が仕切ってご詠歌などもみんなが上げて自宅で行うものだった。各家庭には必ずそのための二間続きの座敷があり、仏壇も床の間もここにありました。

                 

                 それがこんな葬儀会館(お寺は檀信徒会館)で行うようになってしまったのはひとえにモータリゼーションのせいだといいます。かつては葬儀参加者は歩いてこられる近隣の方ばかりでだった。ところがみんな車で来るようになり、たくさん人が集まるには大きな駐車場が必要になり、自宅でやると違法駐車だらけでご近所の迷惑になるようになった。そこでがぜん葬儀場などのビジネスが入るようになってきたというわけです。

                 

                 隣保というのは戦時体制の隣組で、思想犯などの監視の役割もあったそうですが、人情味あふれる、プライバシーもあったものではないコミュニティーを構成していました。モータリゼーションがコミュニティーを破壊しプライバシーという概念を成長させたのかもしれません。伊勢のこのような暖かい隣保もモータリゼーションでは滅びなくとも高齢化とともに消えていく運命にありそうです。

                 

                 今日は午前から名城大。31日まで詰めて作業をやることになりそうです。

                 

                 

                 

                | ルールについて考える | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                相模原障害者殺傷事件
                0

                  JUGEMテーマ:ニュース

                   

                   この日付で昨日なんですが、朝起きたらとんでもないニュースが飛び交っていました。何やら神奈川県相模原市にある障害者施設に男が侵入し、当直の職員を縛ったうえで障害者を次々に刃物で襲っていったとのこと、最初死者は二人心肺停止が十数人といった報道だったのが、ついには死者19人負傷者施設職員2人を含む26人となり、これは戦後最大の殺人事件だそうです。

                   

                   犯人は事件直後にコンビニに寄った後近くの警察に自首。元の職員で、障害者は家族や社会の負担であるから安楽死させるべきという書簡をもって在職中の今年二月に衆議院議長公邸に行き、これに犯罪予告とみられる内容があったことから、すぐに警察に通報。措置入院され、大麻反応が出たものの、担当医が危害を加える恐れはなくなったと判断したため解放されたことが分かってきました。施設に対しても同様の主張を行ったため、解雇され、それを逆恨みにしていたという報道もあります。

                   

                   本人は世界平和のために障害者は社会にとって害悪と言っていたようで、このような主張は障碍者福祉が雇用を生んでいるといった背景を考えるまでもなく問題外です。大麻中毒の、社会性を欠く、頭でっかちのちょっと変な若者が暴走したと考えるべきですが、そういう若者を生んでしまう社会の素地についても考え直す必要があるのかもしれません。

                   

                   ゲーム中毒とかSNSとか、コンピューターが若者からリアルの社会性を奪うツールになっていませんかね。ポケモンGOは引きこもりを社会参加させる効果があるとか言われていますが。

                   

                  | - | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  七月に続いた訃報。
                  0

                     

                     七月は中旬の父の急逝でかなり予定が狂い、最終週は悲惨な状態でブログの更新どころではなくなってしまいました。九月着工の鎌倉の確認申請を月内に提出する予定だったのですが、施工側の都合で変更が生じたために、まあ少し後回し。またこのごろ特に問題のない4号物件は一週間あれば許可が下ります。

                     

                     コンテナ利用の防災シェルターの製品開発が9/1日の防災の日お披露目予定だったのですが、なにしろ直感的にわかりにくいことをやっているので、模型と三次元の詳細CGで検討。中国に発注する試作図面が待ったなしになってきました。

                     

                     で三つの大学の成績点けも造形大の授業内の分を除いて手付かずなんですが。名城大の建築学会東海支部主催のイベントは開催日が31日と決まっているのでこれこそ待ったなし。

                     

                     でまあこの辺は優先順位をつけて何とかこなしているわけです。

                     

                     七月はいろいろと昭和史を飾った方々の訃報が相次ぎました。まずザ・ピーナッツの残された妹伊藤ユミさんが亡くなっていたというニュースに続いて、永六輔さん。六八九コンビで上を向いて歩こうとか、こんにちわ赤ちゃんとかヒット曲をたくさん作りました。で、それに続いて大橋巨泉さん。ちょうど父の死と重なりました。このあたりがこれまでの芸能界歌謡界の慣例を次々に打ち破って新しいエンターテインメントの時代を切り開いたわけです。

                     

                     今回、父の机の上にカラオケの十八番の緑の地平線の歌詞があるのが見つかって、母の話では亡くなる数日前にしたためたとのこと、記憶を確かめるために書いたのか、まだそけほどボケていなかったのが分かります。

                     

                     出だししかちゃんと覚えていないので、YOUTUBEで探してみました。古賀メロですが、これがオリジナルっぽい。

                     

                     

                     調べてみると父がまだ中学生くらいの頃に流行った曲で、あたけにとってのビートルズみたいなものなんですね。

                     

                     大橋巨泉とか永六輔とかザ・ピーナッツみんな母と同世代なんですが、これがこうなった。

                     

                     

                    これの作詞は岩谷時子でした。

                     

                    | - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    NHK杯戦は加藤負け、棋聖戦カド番越えた羽生王座に糸谷八段が挑戦決定。
                    0

                      JUGEMテーマ:ゲーム

                      JUGEMテーマ:趣味

                       

                       

                       さて日曜墓から戻ってテレビを点けるとNHK杯戦で佐藤六段対加藤と出ている。棋界で加藤とだけ出る方は? あの伝説のヒフミンこと加藤一二三九段しか思いつかなかったのですが、加藤九段がNHK杯戦の予選を突破したらもっと話題になるはず。

                       

                       でよく見たら加藤桃子女王・女流王座でした。この方はプロ棋士養成機関奨励会の初段で強いことは知られていても、公式戦には出られなかったのですが、里見香奈女流四冠が奨励会に挑戦すると言い出して、女流棋界は大慌て。奨励会に所属していても女流として公式戦に参加できることになりました。ということで加藤桃子さんはいろんな女流タイトルを取ることができ、いつしか女流タイトル保持者で争われるNHK杯女流枠にも出られることになったようです。

                       

                       なんだかんだで女子最高の奨励会三段リーグまで行った里見香奈さんですが、いろいろ精神的にハードだったのか体調不良で長期休養。復帰しても三段リーグには参加していないようです。

                       

                       で加藤桃子さんは女流棋士会にも所属していないので、女流棋士ですらないのかもしれないのですが、対男子プロにはこれまで結構勝っているはず。この日もアナグマに潜って中盤までは互角の戦いだったのですが終盤でミスが出たのかいいところなく押し切られた感じです。

                       

                       実は父が亡くなった日。羽生さんは苦手永瀬さんとの棋聖戦カド番で、携帯中継でみたのですが、底力を見せてタイに持ち込んでいます。

                       

                       そのあと20日のA級順位戦では羽生森内戦があって羽生勝ち。この二人はここのところずっと名人戦の定番対局だったので、A級で当たるのは久しぶり。世代交代を感じます。

                       

                       でこの日は注目の王座戦挑戦者決定戦。糸谷前竜王対佐藤新名人。若手ビッグタイトル一番乗りの糸谷対二番乗り佐藤天彦

                      だったのですが、糸谷さんが怪力を見せて羽生王座への挑戦を決めました。

                       

                       シリーズ開始は九月ですが、楽しみです。

                       

                       

                      | ボードゲーム | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/351PAGES | >>